キヤノンから続々とPowerShot新製品が発表されました

キヤノンから続々とPowerShot新製品が発表されました 1

キヤノンのPowerShotシリーズはすごくバランスの良いカメラです。お手軽派にも本格派にも、すごく多用途に使えます。

先日発表された最新モデルS110が、その前のモデルのS100と大きく違うところは、タッチスクリーンWi-Fi接続です。Sシリーズの良いところは、操作性がすごく良い所です。持ち運びに便利なコンパクトサイズであるにも関わらず、レンズの周りにコントロールリングが付いていて、その気になればマニュアルモードを楽しむこともできます。従来の画面がタッチスクリーンになった事によって、設定も前より簡単になっています。

Wi-Fi接続機能は、これからのデジタルカメラでスタンダードになっていく機能だと思うので、S110の特徴というほどのものではありません。S110を持ったら、もうiPhoneのカメラ使わなくなるかというとそんな事はないような気がします。でも5年もたったら、Wi-Fi接続機能のないコンデジなんて使いにくくて仕方がないという風になるのかもしれません。

キヤノンから続々とPowerShot新製品が発表されました 2

その他の点では、だいたいS100と同じです。1210万画素、1/1.7型高感度CMOS、開放F値はF2.0、光学5倍ズーム、イメージセンサーはDigic 5、HDビデオ撮影可能。発売は来月から。価格は450ドルです。

キヤノンから続々とPowerShot新製品が発表されました 3

Sシリーズだけではなく、Gシリーズでも新商品が発表されました。G12の後継機種は、PowerShot G15です(G13とG14がどこに行ったのかは謎。)。1210万画素、1/1.7型高感度CMOS、光学5倍ズーム、HDビデオ撮影可能という所はS110と共通ですが開放F値はF1.8です。またイメージプロセッサはDigic5です。(G12はDigic4。)タッチスクリーンはありません。発売は来月から。価格は500ドルです。

キヤノンから続々とPowerShot新製品が発表されました 4

最後は高倍率ズームモデルのSXシリーズから、SX 50 HSです。なんと世界初光学50倍ズーム! SX 40は光学35倍ズームでしたから、どこまで行くのか高倍率ズームという感じです。発売は来月から。価格は480ドルです。

私はS90を持っているのですが、そろそろ買い替えてもいいかもしれません。どのシリーズもそれぞれ魅力的なのでこの3つの中だけでも迷ってしまいますね。とりあえず日本での値段が気になります。

[Canon, Canon and Canon]

Mario Aguilar(原文/mio)