これでスマホもPCも「あとは、楽しむだけ」。ウイルスバスターのトレンドマイクロから3つの新製品が登場

Sponsored

これでスマホもPCも「あとは、楽しむだけ」。ウイルスバスターのトレンドマイクロから3つの新製品が登場 1

あとは、楽しむだけ」っていい言葉だなぁ。

何ごとも良い準備ができていれば、あとは思う存分楽しめるというものです。例えば船旅。乗っているのが船底に不安を抱えた船じゃせっかくの旅も気が気じゃないですが、整備が行き届いた船なら安心して旅を楽しめますよね。

それはネットライフとて同じこと。セキュリティのことをしょっちゅう気にしていたら楽しめるものも楽しめません。特に最近はセキュリティの必要性が多様化してきているので、できれば一括でお任せして「あとは、楽しむだけ」にしたいところです。

そんな安心環境を構築すべく、「ウイルスバスター」をはじめとするトレンドマイクロの3製品をチェックしてみました。

 

ウイルスバスター クラウド

 

これでスマホもPCも「あとは、楽しむだけ」。ウイルスバスターのトレンドマイクロから3つの新製品が登場 2

まずは「ウイルスバスター クラウド」。前のバージョンは「ウイルスバスター 2012 クラウド」だったので、ニューバージョンは「2013」かと思いきや年号表記がなくなりました。

ライセンス契約期間中は随時アップデートされ、いつでも最新バージョンを利用できるようになったため表記がなくなったのだそうです。こりゃ面倒がなくていいですね。

機能的な面では、ユーザーインターフェースの刷新が目を引きます。メイン画面の上部には「ホーム」「コンピュータを守る」「個人情報を守る」「データを守る」「家族を守る」という目的別のタブが用意され、各機能の設定にもイージーアクセス

 

これでスマホもPCも「あとは、楽しむだけ」。ウイルスバスターのトレンドマイクロから3つの新製品が登場 3

 

脅威を検知するための情報をクラウド上のデータベースで管理し、コンピュータに保存する情報を最小限にとどめることで(以前より情報量が80%減だそうです)、よりサクサク動くようになりました。

それだけでなく、クラウド上のデータベースには膨大な脅威情報蓄積されているので安心感もアップなんです。それを約1時間に1回参照するので次々に生まれてくる新しい脅威にも素早く対応可能なんですね。巨大な英知がバックについて守ってくれている感じであります。

また、サポート体制が充実しているのもウイルスバスターのいいところ。「トレンドマイクロサポートウェブ」に行けば、FAQをはじめサポート情報が充実しています。電話やチャットは窓口の営業時間が決まっていますが、メール/FAXならば24時間365日問い合わせOKですよ。

そして今回のバージョンではWindows 8への対応もアナウンスされました。

 

これでスマホもPCも「あとは、楽しむだけ」。ウイルスバスターのトレンドマイクロから3つの新製品が登場 4

 

Windows 8の新UIで使えるアプリ(Windows Storeからダウンロード、Windows 8発売の10/26以降に実装予定)でもステータスや脅威情報が確認できるほか、Windows 8の新機能となる「セキュアブート」にも対応。電源をオンにしてからOSを起動する前にマルウェア対策を行うことで、より安全性が向上しているそうです。

同時に、Mac OS版である「ウイルスバスター for Mac」もパワーアップしていますよ。Windows版「ウイルスバスター クラウド」が搭載している一部機能は使えませんが、Mountain Lionへの対応のほか、対応SNSのリンクの安全性を色別で知らせてくれる「SNSプロテクション」や、対応サーチエンジンのスキャン結果やWebメール内のURLの安全性を色別で知らせてくれる「Trendツールバー」機能を搭載しました。

「ウイルスバスター クラウド」はオープン価格です(想定市場価格は1年版が5980円、3年版は12800円)。

 

ウイルスバスターモバイル for Android

 

最近ではパソコンだけでなくスマホのセキュリティも気になるところですが「ウイルスバスターモバイル for Android」にも新機能が追加されました。

 

これでスマホもPCも「あとは、楽しむだけ」。ウイルスバスターのトレンドマイクロから3つの新製品が登場 5

新機能「プライバシースキャン」は、アプリが個人情報を漏洩する可能性のある場合に警告を表示してくれるというもの。ワタクシのようなニューアプリ好きにはもってこいの機能ですわ〜。これで心置きなくダウンロードしまくれます。

 

これでスマホもPCも「あとは、楽しむだけ」。ウイルスバスターのトレンドマイクロから3つの新製品が登場 6
 
これでスマホもPCも「あとは、楽しむだけ」。ウイルスバスターのトレンドマイクロから3つの新製品が登場 7

 

「ウイルスバスターモバイル for Android」はオープン価格です(想定市場価格は1年版が2980円、2年版が5480円)。

 

パスワードマネージャー

 

ところで、セキュリティといえばサイトのログインIDやパスワード管理はどうしてますか? 「いちいち覚えるのが面倒なので全部同じIDとパスワード」「メモっておいてパソコン内に保存」なんてのはやめといたほうがいいですね。「パスワードマネージャー」に任せておけば、いろんなサイトやサービスのパスワードをあなたの代わりに覚えてくれますよ

 

これでスマホもPCも「あとは、楽しむだけ」。ウイルスバスターのトレンドマイクロから3つの新製品が登場 8

 

「パスワードマネージャー」はサイトのログインIDとパスワードを自動で記録し、暗号化してクラウドに保管してくれるサービス。パソコン、スマホ、タブレットのいずれからもログインできて、1つのマスターパスワードを入力すればパスワードマネージャーに保存しているサイトなら自動でログインできます。この「お任せ感」楽でいいわぁ。クレジットカード番号や保険証番号などテキスト形式で作ったものを暗号化して保存してくれるのも助かります。

「パスワードマネージャー」は有料版が月額150円(税込)。ちょっと試してみたい! という人のための無料版も用意されています。

というわけで「あとは、楽しむだけ」を実現するためのトレンドマイクロの3製品。これで準備万端でデジタルライフをエンジョイしてくださいませ。

 

[トレンドマイクロ]

(奥旅男)