サムスン、今度はWindows 8でOS Xのドックを模倣。裁判のこと、忘れちゃった...?

2012.09.03 13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

120902slauncher.jpg


へこたれないサムスン。

ひょっとしてアップルをからかってるんでしょうか? それともこのUI「デザイナー」こそが、GalaxyシリーズのデザインでiPhoneのアイコンをパクった張本人なのでしょうか? いずれにしても、あまりに似すぎていて笑えます。いや、哀れというか...。いらっとさせられるというか...。全部入りの複雑な気分です。

さて、サムスンが全てのWindows 8マシンに搭載する「S Launcher」。なんだか妙に親しみやすいデザインだと思いませんか? それもそのはず。だって、ガラスみたいなトレーに置かれたアイコンの反射までアップルのOS X の「ドック」にクリソツですもんね。

Mashableの記事には、こうあります。

もちろん、S Launcherもランチャーです。単純にアプリやファイルをここにドラッグすれば簡単にアクセスできるようになりますし、使わなくなったらいつでもここからはずせます。画期的ではありませんが、困りませんよね。アイコンはWindowsのタスクバーより大きく表示しています。

どうやら真剣なご様子。サムスンは、Windows 7まで搭載されていたスタートボタンを廃止したWindows 8にこれを表示すれば、きっと素晴らしい結果につながると考えたようです。

OS Xのドックと唯一違うところは何か? それは、スタートメニューから検索してアプリなどを立ち上げられるところ。おお、よく見るとトレーの手前のふちがちょっと丸くなってるところも違いますね! これぞイノベーション。

でもちょっと待って、誤解を煽るようなつまらない輩が「ドックなんて新しくねえよ! サムスンはよくためらいもせずに、アップルのドックから機能や外観、操作感まで全部パクれるよな! 結局、特許もないくせに。違うかい?」なんて言い出しそうですよ。


ここで歴史のお時間です


もちろん、ドック自体は目新しいものではありません。世界初のドックは、よく使うプログラムにアクセスしやすいようアイコンを並べておく場所として、1989年9月18日にNeXTSTEP(アップルをやめた後、スティーブ・ジョブズが設立したNeXTによって開発されたOS)に搭載された形でリリースされました。こういったランチャーを作ろうというアイデアは、これが世界初だったわけです。動作としては、OS XやサムスンがWindows 8に実装した「新しい」S Launcherと全く同じ。起動を簡単にするために、アイコンをランチャーへドラッグして使います。

結局、NeXTはアップルに買収され、NeXTSTEPは現在私たちが知るところのOS Xになりました。ドックは、フラットな外観からアイコンを反射する立体的なガラスのような外観へと進化を遂げ、OS Xのユーザーインターフェースとして最も重要な役割を果たしています。

90年代に話を戻すと、このアイデアは高く評価され、マイクロソフトを含む他のOSにも影響を与えました。マイクロソフトは、NeXTの見た目やMacのアップルメニューにかなりインスパイアされたWindows 95のスタートメニューを発表。でも、このスタートメニューはドックやアップルメニューとはかなり違うものに仕上がっています。これを見ても、誰も混同したりはしないでしょう。ご存知のとおり、それほど偉大なアーティストが盗んだのです。

一方、サムスンのS Launcherはどうでしょうか? 明らかにアップルのOS Xドックに似ています。上の写真ではスタートメニューと環境設定のアイコンしかありませんが、ほかのアプリのアイコンを増やしていけば、いつの間にかドックのできあがり。ステキな丸いガラストレイを除けばね。

想像はつくと思いますが、ドックもすでに特許が取得されています。このデザインと機能に関する特許は、バス・オーディン、ドナルド・リンゼー、そして...もちろんスティーブ・ジョブスに帰属していますよ。

そのあたり含め、よーく考えてみるといいかもしれませんね。


[ Mashable via Yahoo! ]

Jesus Diaz(Rumi/米版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4569803377


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

・関連メディア