【速報】ソフトバンクが約201億米ドル(約1兆5709億円)でスプリントを戦略的買収

【速報】ソフトバンクが約201億米ドル(約1兆5709億円)でスプリントを戦略的買収 1

現在(17:25)USTREAMが行われているところですが、ソフトバンクから買収額の正式発表がありました。

額は約201億米ドル(約1兆5709億円)。投資総額のうち約121億米ドル(約9469億円)はスプリントの株主に支払われ、80億米ドル(約6240億円)は同社の財務体質の強化等に投じられるとのこと。

2013年半ばを目処に完了する予定です。

プレスリリースにある両社トップのコメントはこちら。まずはソフトバンク孫社長

「今回の取引は、ソフトバンクがスマートフォンやLTE等の次世代高速ネットワークの知見を活用して、世界最大の市場である米国でモバイルインターネット革命を展開できる素晴らしい機会だと考えています。日本ですでに実証済みのとおり、ソフトバンクは既存事業者が大きな力を有していた市場に参入し、差別化された商品や革新的なサービスを投入することで、買収したモバイル事業の業績のV字回復及び飛躍的成長を実現させてきました。こうした革新の実績をスプリントの強力なブランド及び現地のリーダーシップと組み合わせることで、米国モバイル市場の競争を活性化させる前向きな一歩を踏み出すことができると確信しています。」

スプリントのダン・ヘッセCEOは以下のようにコメントしています。

「今回の取引はスプリントに改革をもたらすものであり、株主の皆様にとって直ちに価値を生み出すだけではなく、将来に向けて、より強力で財務的に強固となるスプリントのこれからの成長に参加いただくことができると考えています。今後、ソフトバンクとともに、日本におけるソフトバンクのLTE展開の成功例を学んで当社の高度化されたLTEネットワークを構築できること、カスタマーエクスペリエンスを改善できること、事業の回復を継続できることを大変喜ばしく思っています。」

どちらもLTEについて触れているのが印象的です。

なお、今後の見通しについては「本取引による業績等への影響や本取引の具体的な日程につきましては、分かり次第お知らせいたします。」とのこと。

日本国内のユーザが具体的にどのようなメリットを享受できるのか、パッと思いつくのは米国に滞在中のローミングなどですが、ほかにも効果が出てくることを楽しみにしたいと思います。

当社によるスプリントの戦略的買収(子会社化)について[ソフトバンク]

USTREAM

(松葉信彦)