西暦約2112年のLAへようこそ

西暦約2112年のLAへようこそ 1

未来のロサンゼルスへようこそ。

100年後はみんなこんな宇宙船みたいな家に住んでるんでしょうかね。丘の斜面にめり込むように建つ広壮な幾何学的フォルムの家。あらゆる装飾を削ぎ落した超モダンなインテリア。

黒と白とあとは濃淡のグレイがあるだけのカラー禁止区域。例外として認めてもらえるのはウォーホールの絵とワインラベルぐらいか?

硯のようなバスタブはもうこれ自体がモダン...いや、コンテンポラリーアートの芸術作品ですね。家のどこかに宇宙発射装置が隠れててもおかしくない、そんな家。VOIDのチームが設計した「MUL:7691」という家です。

みなさまの100年後のご到着をお待ちしております。

120923LA2112_a120923LA2112_b120923LA2112_c120923LA2112_d120923LA2112_e120923LA2112_f

[Void via HiConsumption]

Adrian Covert(原文/satomi)