ゾンビって本当にいるの?(動画)

ハッピーハロウィン!

ハロウィン仮装だけでなく、映画やマンガやゲーム、至る所に登場するゾンビ。ゾンビって本当にいるのですか? ギズモードでもお馴染みになってきたAsapSCIENCEが、ゾンビの存在を科学的に解説しています。

まず、どんなゾンビの話をしているか。死んだ人間がお墓から蘇るタイプのゾンビは、科学的には存在せず。しかし、ウィルスに犯されて人間がゾンビに姿を変えるタイプならば、有り得ないとは言いきれません。

ウィルスが体内に侵入し、脳全体を侵すことなく必要な一部分だけをアタックすれば可能なのです。ウィルスは体のどこからでも侵入でき、神経細胞を利用して脳へと近づいていきます。脳に遠いところから侵入すれば、もちろん脳へ到達するのには時間がかかります。時に数年かかる場合も。しかし、どんなにゆっくり進んでも一度脳に達してしまえば終わり

脳に達し、ある特定の部分だけをこのウィルスが破壊すればゾンビのような人間ができあがる可能性があります。脳はその部分によってコントロールする役割が違います。なので、破壊する部分によって、例えば、異常に怒りっぽいゾンビ人間や、腹ぺこゾンビ人間や、記憶なしゾンビ人間、家族を認識できないゾンビ人間、はたまた何も全くコントロールできないゾンビ人間が生まれることになります。

悪魔で、ゾンビみたいな人間という話ですけれどね。

[ASAPScience]

そうこ(MARIO AGUILAR 米版