プロの技の長編3Dアニメの1コマを3Dアニメーションソフトウェアで作ってみたら...

プロの技の長編3Dアニメの1コマを3Dアニメーションソフトウェアで作ってみたら... 1

さすがプロ。

シュレックやトイ・ストーリー、大手アニメ会社が何百万ドルとかけて制作した3Dアニメーション映画。その1コマを3DソフトMayaを使い、たったの30分で再制作したらどうなるのでしょう。ネタ元のBadly Recreated Animated Film Framesがあれこれ試していますよ。

プロの技の長編3Dアニメの1コマを3Dアニメーションソフトウェアで作ってみたら... 2

プロの技の長編3Dアニメの1コマを3Dアニメーションソフトウェアで作ってみたら... 3

プロの技の長編3Dアニメの1コマを3Dアニメーションソフトウェアで作ってみたら... 4

プロの技の長編3Dアニメの1コマを3Dアニメーションソフトウェアで作ってみたら... 5

最後のトイ・ストーリーが1番がんばってますけどね。インクレディブルのデザイナーのおばさんなんて見るも無惨な姿。

モンスターズ・インクにでてくるサリーは、その動きにあわせて体中の毛も動く様に専用のプログラムが作られたそうですからね。いやはや、さすがプロです。

[Badly Recreated Animated Film Frames via BuzzFeed]

そうこ(Casey Chan 米版