ディズニーがルーカスフィルム買収、「スター・ウォーズ エピソード7」制作へ着手

ディズニーがルーカスフィルム買収、「スター・ウォーズ エピソード7」制作へ着手 1

スター・ウォーズの新作は2015年に公開予定だって!

ウォルト・ディズニーがスター・ウォーズの制作で知られる映画会社ルーカスフィルムを買収しました。買収額は40億5000万ドル(約3224億円)。また、2015年に「スター・ウォーズ エピソード7」の公開を目指し、今後は2~3年に1度のペースで同シリーズの新作公開を目指していくとのことです。

ルーカスフィルム経営者のジョージ・ルーカス監督は売却の理由として「作品の寿命が延び、将来もっと多くのファンたちに楽しんでもらえるから」と語っています。またウォルト・ディズニー公式サイトにはルーカスのコメントとして「『スターウォーズ』はこれからも間違いなく生き続け、何世代にもわたって繁栄していくだろう」とも掲載されています。

「スター・ウォーズ」の完全新作は2005年の『エピソード3・シスの復讐』以来であり、ルーカス監督は兼ねてから同シリーズの続編はないと述べてきました。今回の買収により新作の公開が決まったことは、ファンにとっても嬉しいお知らせになりますね!

CNN

(KITAHAMA Shinya)