Arduino指揮、機械じかけの詩的オーケストラ「Playa」

サウンドアート」と聞くと、どうも前衛的すぎて不安になる作品が多々ありますよね。しかしそんな中、ルベン・ダーズ(Ruben Dhers)さんが制作したこの優美なインスタレーション作品「Playa」は、華やかな雰囲気で見る者を魅了してくれます。

絡み合うワイヤーで作られた天蓋。その下には14本のギターが横たわり、Arduino(アルドゥイーノ)プロセッサを指揮者に迎えた31個のDCモーター・オーケストラが、先端につけた布をくるくると回しながら物憂げにギターをなでていきます。

光の中に浮かび上がる詩的な風景。そして、機械じかけのアンサンブルが奏でる音の世界。思わず息をのむような美しさですね。

[The Creators Project and CoDesign]

Mario Aguilar(Rumi/米版