Instagramが最高のSNSであり続けるために、やってはいけないこと(動画)

そう、タブーはこんなこと。

Twitter? Facebook? そんなのもう終った。大して仲良くない人のどうでもいい情報垂れ流しの場でしょ、そんなのうんざりだわ。ストレスだわ。ストレスなく楽しめる今最高の場所っていったらここでしょ、Instagram! そう豪語する短編映画制作者ケイシー・ニースタット(Casey Neistat)さんが、Instagramを楽しみ続けるためのコツを動画にまとめています。

まず、重要なのは「写真」ではなく「共有」すること。SNSですからね。InstagramユーザーのRICHFOREVERとスーパーアイドル、ジャスティン・ビーバーを例に説明しています。RICHFOREVERのポストする写真は、彼のことを物語っています。彼のストーリーが見えてきます。タトゥーやら、どこで買ったか謎のすっごい靴やら、彼のキャラクターを前面に押し出していて見ていて楽しいです。

が、いくらスーパーアイドル有名人と言えどもジャスティン・ビーバーのポストは、ほぼ全部彼の顔写真。いや、ファンにしたら嬉しいのかもしれませんが、何も伝わってきません。ストーリーがないわけです。

次に「テーマ」何かテーマを決めてポストするのもいいですね。そういう意味では、ジャスティンのテーマが「ジャスティン」であるなら、それもアリなんですがね。

後は、さっさと進むのでまとめますね。

・ハッシュタグの使いすぎはうざい

・@人で、人をタグしまくるのもうざい

・Followしてねは必要ない

・ティルトシフトはほどほどに

・黒の空スペースは好ましくない

・子供の写真ばかりアップはやめて

と、まぁこんなところ。これが守られればInstagramはずっと楽しい場所であり続けるでしょう、ですって。確かに、最近Instagram見る回数増えましたねぇ。

[The Clearly Dope]

そうこ(Leslie Horn 米版