iPad mini、パロディ動画が明かす真実(動画)

2012.10.31 21:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ある意味、ポイント押さえてるかも?

iPad miniの公式動画(わかりやすい大阪弁バージョンはこちら)はいつものアップル節が全開でしたが、そこにちょっと補足したパロディ動画が届きました。セリフをざっと拾ってみますと...。



デザイン担当副社長ジョニー・ファイヴ「私たちのゴールは、iPadにできる素晴らしいことのすべてを、もっと小さな製品に詰め込むことでした。でも、iPod touchほど小さくはせずに。それがまさにiPad miniで実現したことなんです。...いや、iPad miniはiPod touchじゃないんです、ごっちゃにしてほしくないんですけど。プロセッサは同じだけど、違うんです。だってiPod touchにはRetinaディスプレイ付いてるんですよ?

iPadの厚さ担当副社長「iPad miniは我々がデザインした中で一番薄いiPadです。驚きでしょう? 1ヵ月前に発表したiPhone 5よりも0.4㎜薄いんです。そう、いつもどおり、全製品は前の製品より薄いんです。必ず薄くなるんです。ただ、第3世代iPadは例外ですが。あれは今は古い「新しいiPad」ですね。Retinaじゃないやつ(訳注:あれ、第3世代iPadってRetinaですよね...)。あ、Retinaディスプレイの付いてないiPad miniと間違えないでくださいね。

カメラ担当上級副社長「iPad miniではiSight、そして新しいHDカメラをリデザインしました。素晴らしい写真とHD動画を撮影できます。iPhone 5とか4Sみたいな8メガピクセルカメラは付いてませんけどね。でもiPad 4にも付いてませんから。残念ですけど。

黒人アップル社員(本人)「一番大変だったのは、iPadの全機能、Retinaディスプレイ以外を、もっと小さなデザインに入れ込むことでした。今までで最大・最薄のシングルセルバッテリーと2年前のA5チップを搭載したマザーボードを内蔵し、さらに新しいLightningコネクタも付いています。」

カメラ担当上級副社長「もし大きいiPadをただ縮めただけだったら、気づくのは『何がないか』ってことになってしまいますよね。たとえば、カメラが2個ないとか。いまだに引っかかるな...。」

「厚さ担当」氏「iPad miniは一番軽いiPadです。一番お求めやすい価格でもあります。そのためにあるんですね。」

黒人アップル社員「これだけメリットがあるんだから、フルサイズのiPadの倍の価格でもいいですよね。でも実際、170ドル(約1万3500円)も安いんです。そう、良いものがより安く手に入るんです。Retinaディスプレイと、早いプロセッサは付いてないですけど。

ジョニー・ファイヴ「こうしたすべての努力で、この素晴らしいiPadが完成しました。みなさんこれを使うでしょうね、もっと速いプロセッサが開発されたり、こんな小さなデバイスに載せるRetinaディスプレイができたり、もっと高画素数のカメラが搭載されたりするまでは。でもそんなのいつになるかわかりません。少なくともあと7ヵ月も先ですよ。iPad miniは未来です...少なくとも、来年5月までは。いや、5月末。多分6月には。iPad miniは、いま、未来なんです。次のリリースまでは。

ちょこちょこ挟まれる一言に思わず吹いてしまうんですが、Retinaじゃないとかプロセッサが最新じゃないとかは確かに事実です。小さいのが良いならiPod touchでいいじゃん、という人もいるのかもしれません。個人的には、7.9インチってちょうどよさげだと思いますが...。そんなiPad mini、実際手にできるのはもうすぐですね!


[YouTube]

miho(英版 Casey Chan)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ディザスター・ムービー!最‘難’絶叫計画 アンレイテッド・エディション [DVD]
  • ジェネオン・ユニバーサル
・関連メディア