iPhone 4のバックパネルが割れたから取り替えてみた。しかも透明にしてみた

20121010back_panel1.JPG

ちょうど割れも広がってきてたし。

僕はずっとBlackBerryが好きで、発売当初からのユーザーです。ただ飛ぶ鳥を落とす勢いでユーザーを獲得し続けているiPhoneも知っておかないといけないので、先輩から譲り受けたiPhone 4も使っています。

20121010back_panel2.JPG

譲り受けた時にすでにバックパネルが割れていたのですが、先日帰宅途中のバス停で激しく道路に叩き付けるように落としてしまい、割れが更に広がっていたんですよね(ちなみに一緒に落としたBlackBerryは無事)。これはちょっと...ということでバックパネルを交換することにしました(アップルの保証を受けられなくなるので自己責任で!)。

20121010back_panel3.JPG

どうせ変えるなら同じ黒では面白くないので、クリアタイプにしました。だってカッコいいし。シースルー。

...少なくともこの時はカッコいいと思ってました。

20121010back_panel4.JPG

交換は簡単。まず一緒についてきた星形ドライバーで、ドックコネクタ横のネジを2つとります。ドライバーはマグネットタイプがオススメ。じゃなかったらネジなくしちゃいそう。

20121010back_panel5.JPG

あとはバックパネルを上部にスライドするだけ。意外と簡単なんですね。

20121010back_panel6.JPG

今度は新しいバックパネルを上と逆の手順で装着。

iPhone 4のバックパネルが割れたから取り替えてみた。しかも透明にしてみた 1

完成!

あかん、これめっちゃカッコいいやん! 

というのを期待していましたが...、正直なところ...微妙。中二感が半端ないし、横から見たらこれまた何か凄い違和感が...。

20121010back_panel8.JPG

もったいないので、もちろんこのまま使うつもりですが、やっぱりアップル製品は純正のままが一番カッコいい気がします。少なからずこのシースルーよりは。

もし皆さんも自慢の改造iPhoneをお持ちなら、是非シェアしてくださいねー。(こちらのアドレスにどしどしどうぞ。枚数が集まれば記事にもしたいですね。)

※途中でも書きましたが、改造によってアップルの保証が受けられなくなりますので、あくまで自己責任でお願いします!

(河原田長臣)