連休返上のiPhone 5製造ラインで品質管理者殴られ一時ストライキに

121006Foxconn.jpg

富士康科技(フォックスコン、Foxconn)の太原工場で先月2000人規模の暴動が起こってラインが一時停止したのに続き、今月5日には鄭州工場でiPhone 5の仕事がキツ過ぎると従業員3000~4000名が大型ストを決行したようです。

NYの労働権利団体「中国労工観察(CLW)」の発表によると、現場ではiPhone 5の巨大な需要に追いつくため従業員が大型連休返上で働かていたのだとか。残業が続けば集中力も品質も落ちますよね。そこに「キズがある」と客から苦情がきてる、とアップルから品質改善の要求がきて、それじゃなくてもアップアップだった現場の作業員たちは、十分な訓練もないのに要求だけ「厳し過ぎる」とブチキレて品質管理担当をボコボコに殴ってしまったのです。

品質管理検査員が労使対立の板挟みとなり、作業員に繰り返し殴られた。が、工場の経営陣は不満に全く聞く耳を持たず対応策も取らなかった。この両方の状況が引いては、作業員・検査官の間に就業停止を拡大する結果を招いた。

作業員らの話によると、エリアKで品質管理検査官と工員が喧嘩したことで、検査ルームCAが破損、けが人が出て、一部の人は病院に収容された。 その後、エリアKでまた類似の事件が起こったが、この時も品質管理検査官たちが殴られた模様だ。(CLWの7日付けの発表より)

富士康は「10月1日、2日に製造と品質管理の間で対立は起こったが、それは収まった。生産は順調に行われている」と5日の大型ストライキの件は否定していますけど、ストがあったことはフィナンシャル・タイムズが工員・地元政府・工場側に確認してるんですよね...。

どっちの話が正しいにせよ、あれだけ品不足だと生産もフル稼働だろうし、ストとか暴動が起こっても不思議じゃないよね...なんとか折り合いつけてムリのない範囲でがんばってもらいたいです!

[FT, Reuters-日本版]関連:CNN.co.jp : 中国フォックスコン工場で大規模ストライキ iPhone5の品質管理ライン

Sam Biddle、Eric Limer(原文1原文2/satomi)