iPhone 5の生産に遅れ。原因はアルミの品質を向上させたことに

iPhone 5の生産に遅れ。原因はアルミの品質を向上させたことに 1

ちょっと遅くなるけど、より良いものになるようで。

ネタ元のBloombergによりますと、iPhone 5の生産スピードが落ちているといいます。その理由はボディに使用されているアルミの質。ボディに傷がついていたり、欠けていたりするのが問題となっていたiPhone 5。品質をあげるために工場でのチェックが厳しくなっているそうです。Bloombergのソースによりますと、9月末にアップルのシニアマネージャーに、工場内での品質管理の底上げと徹底のお達しがありました。これにより、iPhoneの品質はあがり、傷は減るものの、かわりに生産数自体も減っているのだそうです。

アルミの製品は傷がつきやすい。それは理解できますが、新品で箱を開けた時にはもう傷がついているというのは、いくらなんでもいただけないですからね。今はまだ、品質を保ったまま、生産スピードも落とさない方法を模索中、なのでしょうね。

[Bloomberg]

そうこ(Jamie Condliffe 米版