Kindle Paperwhiteでいくつかの問題点をAmazonが認める。画面の光が均等ではない等...

Kindle Paperwhiteでいくつかの問題点をAmazonが認める。画面の光が均等ではない等... 1

発売当初から上がっていた声ですがね。

Kindle Paperwhiteは素晴らしい。米Gizレビューでもべた褒めされていました。が、素晴らしい端末と言えど問題点はいくつかあるもので、ユーザからの声にAmazonが回答しました。今回、Amazonが挙げている(認めている)問題点は3つ。オーディオが無いこと、容量が小さいこと、そしてスクリーンの光が均一ではないところです。それぞれの問題に対するAmazonの回答を見てみましょう。

◆オーディオ

Kindle Paperwhiteはオーディオ、又はテキストスピーチ機能がありません。これによって、とても軽く小さい端末にすることが可能になりました。オーディオ、高機能のテキストスピーチはKindle FIre、Kindle Fire HDに搭載されています。

◆画面の光

環境によっては、ライトが内蔵されているスクリーンの下部の光が完璧に均一ではありません。様々なライティング環境でのスクリーンの違いを当社サイトのサンプルで見ることができます。これらの光りかたは、端末の異常ではありません。均等ではない部分は、コンテンツにかからないマージンの部分になっています。又、読書灯等を使うよりも、均等な光だと言えます。Paperwhiteのコントラスト、画質、イルミネーション設定は、当社の前モデル端末よりも大きく向上しています。

◆容量

Kindle Paperwhiteの容量は2GBです。前モデルのKindleは、おもに4GBでした。2GBでも、1100タイトルの本を保存することができます。それに加え、Kindleのライブラリーは全てAmazonのクラウドに無料で保存されています。クラウドから端末へ、簡単に本を移動させることができます。

オーディオと容量に関しては、もうどうにもなりませんからね。ここに不満がある人は、Paperwhiteは不向きということでしょう。Kindleの他端末の方がニーズに合っていると言えます。画面の光の問題は、コントラストや明るさ調整でずいぶんマシにはなるようです。画面の光が多少均一ではないとしても、この端末の魅力の方が、やはり上だと思います。次世代で改善されるといいですけどね。日本発売はいつなのかな。

[Amazon via VentureBeat]

そうこ(Casey Chan 米版