書道家の筆の動きを完全再現するモーションキャプチャロボット(動画あり)

ロボットとは思えない達筆ぶりです。

慶應大学の桂誠一郎准教授研究室が、書道の達人の筆の運びを完全に記録・再現できるモーションキャプチャロボットを開発しました。この研究は、ロボットのスキル習得の精度を向上させることにつながりそうです。

DigInfoによると、このロボットは筆の運びをコピーし、データとして動きを記録することで「学習」するとしています。学習した動きは、オリジナルの動きと同じように流れるように再現されています。

  

「このシステムは、柄の部分と毛の部分が分離した筆を用いて書道動作の保存を行います。柄の部分がマスタシステム、毛の部分がスレーブシステムと繋がっており、普通の筆を扱う感覚で文字を書く事ができます。」

この種の機械にとって、書道は特に難しい課題になります。字の形だけをコピーするのは比較的容易なのですが、書道家の動きのニュアンスを再現するのは従来難しいとされてきたのです。この研究グループでは、「人間の動きと力加減のふたつをモータを使ってデジタル情報として記録する」ことでその課題を克服しました。

将来的には、この技術はいろいろな動作を記録したり保存したり、それをダウンロードしたりするのに使われそうです。つまりいつか、ロボットが手術をしてくれたり、名画を複製してくれたり、すごいライブ演奏を再現してくれたりするようになるのかもしれません。

 

[DigInfo via DesignBoomマイナビニュース]

Mario Aguilar(原文/miho)