ドラフト会議で使用されるあのノートPCが買える!

ドラフト会議で使用されるあのノートPCが買える! 1

これ見たことある!

東芝は、天板にプロ野球12球団のロゴをあしらった「dynabookドラフトスペシャルモデル」を発表しました。これ、ドラフト会議で実際に使われているノートPCのデザインですね。

ベースとなるのはウルトラブック「dynabook R632」。13.3型ディスプレイ、CPUにCore i3、4Gバイトメモリ、128GBのSSDを搭載。OSはWindows 8 64bit版となります。

予約受付は本日10月25日の朝9時から東芝ダイレクトにて開始しています。各球団限定100台です。いや、実はちょっと欲しいと思っています......。阪神のが......。

お値段は13万9800円です。

dynabook R632 ドラフトスペシャルモデル[東芝]

(三浦一紀)