スプリント、ソフトバンクによる買収交渉認める(動画あり)

スプリント、ソフトバンクによる買収交渉認める(動画あり) 1

金額は1.5兆円から1兆円に減ってますが...ソフトバンクによる米携帯通信キャリア3番手「スプリント・ネクステル」買収の噂は米メディアもこぞって伝えてますよ!

WSJによると協議は「詰め」の段階なのだとか。1兆円(128億ドル)...ソフトバンクにとっては大きなギャンブルになりますね。

現段階では「交渉に詳しい筋」の話がちらっと流れてきてるだけなので具体的な中身まではわかりませんが、ロイターも「両社弁護士が詰めの交渉に入った」と、同じ話を伝えています。ソフトバンク側は「報道は憶測」と否定中ですが、こちらはスプリントからちゃんと裏を取ってますよ。

米携帯電話会社3位のスプリント・ネクステルは11日、ソフトバンクによる「大規模な投資」の可能性をめぐり、交渉していることを確認した。実現すれば、スプリントの経営権が変わることもあり得るとしている。―ロイター日本版

スプリントとその利用客にどう影響が出るかはまだなんとも言えないけど、これはただの噂じゃなさそうだ...ボールはソフバン側のコートにある、という感じなのかな...。

 

因みにアメリカではスマホの波に乗ってAT&Tとベライゾンがユーザー数を伸ばす中、窮地の4番手ドイツ資本T-Mobileが5番手MetroPCSの買収に動くと先週発表したばかり。ビジネスウィーク(ブルームバーグ)は、ソフバンから潤沢な資本が入ったら、統合の動きにも影響が出るかもね、と伝えてます。

一方、フィナンシャル・タイムズはソフバンが狙ってるのはスプリントとClearwire、というさらに突っ込んだ話を伝えました。あ、それで1.5兆円なのかな??

ある情報に詳しい人物は「ソフトバンクは今年の夏から米携帯市場進出の方策を探っていた。ソフトバンクを創業したビリオネアの孫正義は、他の携帯電話会社を狙うことも検討したが、結局スプリントの経営権掌握に動くことに決めた。これは日本国外の電話通信進出の第1歩となる」と語る。

複数の情報筋によると、ソフトバンクはスプリントが株式の49%を所有する大容量高速ネットプロバイダ「Clearwire」の経営権完全掌握も検討中だという。このニュースの影響でClearwireの株価は32%急増し時価総額は250億ドルとなった。ソフトバンクがそちらの交渉を、スプリント買収交渉と同時進行で進めるのか、それとも後日進めるのかはわからない。

激震ですね...。

[Reuters - 日本版, WSJ - 日本版, Business Week/Bloomberg Engadget]

Image by MJ/TR under Creative Common license

satomi(Jamie Condliffe/米版