パナソニックが携帯事業で欧州から撤退するようです。負けないで!!

121026panasonic-pulling.jpg

負けないで! 一度は退いて立て直すという事なのかな...

パナソニックが携帯電話事業で欧州市場から早ければ今年度中に撤退すると各メディアが伝えております。携帯電話事業では、米国のAppleのiPhone 5や韓国のSamsungからはGalaxyなど、手強い相手が世界中で猛威をふるっている現状で、大胆な事業戦略の転換が必要と判断されたようですよ。

パナソニックは欧州で一度2005年に撤退していて、今年4月に再参入した矢先に今回の撤退を検討しています。という事は欧州の携帯市場は相当激戦区なのかもしれませんね。国内の事業においても売却や他社との提供も視野に入れていて、大幅に縮小する方針のようです。

なんだか世界に誇る日本のメーカーが苦戦している状況を見るのは胸が痛いですよね。ただ抜本的な戦略転換の為に今回の縮小という流れになっているので、また一回り大きくなって帰ってくることを望みます!

そういえば、Appleの故Steve Jobs氏はこう言ってましたね。「美しい女性を口説こうと思った時、ライバルの男がバラの花を10本贈ったら君は15本送るかい? そう思った時点で君の負けだ。ライバルが何をしようと関係ない。その女性が本当に何を望んでいるのかを、見極める事が重要なんだ。」 携帯事業および製品開発にも当てはまるのではないでしょうか。

Think different!!

日本経済新聞 via The Verge

(宮城省吾)