マイクロソフト、年末商戦に向けてSurface500万台を生産予定

マイクロソフト、年末商戦に向けてSurface500万台を生産予定 1

注目と期待は十分に集まっていますからね。

ネタ元のウォール・ストリート・ジャーナル紙曰く、マイクロソフトは年末商戦に向けて300万から500万台のSurfaceを生産中。アジアにある部品提供元は、クリスマス前にSurface500万台が作られると話します。500万台、これはAmazonのKindle Fire、そしてグーグルのNexus 7に近い数字。しかし、噂にあるアップルのiPad mini 1000万台発注と比べると小さく感じますね。

アップル、Amazon、グーグルと競合相手が出そろう中、鍵となるのはやはり価格。iPad miniしかり、Surfaceしかり、予想はされているものの、価格はまだ発表になっていません。

アップルは、今年1四半期でiPadを1700万台売り上げました。世の中がタブレット端末を欲している今、Surfaceにもこの数字に近づくこと可能性は十分あるわけです。マイクロソフトのスティーブ・バルマーCEOは、発売から1年でSurface数百万台を売り上げると目標を掲げていますが、初期生産台数を見ていると、本当の目標はもっと上のようですね。

あの、日本発売は...。あの。

[WSJ]

そうこ(Jamie Condliffe 米版