ティム・クック「Surfaceは妥協を重ねた、中途半端な製品」「Appleこそが世界最高の体験を届けるのだ!」

121026cook.jpg

自信の裏には涙ぐましい苦労があるんです。

アップルCEOのティム・クックがWindowsから発売されたタブレットSurfaceについて発言、「妥協を重ねた中途半端な製品」と競合の印象を語りました。

発言があったのはアップルの投資家向けカンファレンスコールにて。アナリストから Surfaceについての感想を尋ねられたクックは「まだ触ったことはない」と前置きした上でこのように発言。そして「消費者は引き続きiPadを欲しがるだろう」と強調しています。

彼の強い自信の背景に、先日発表となったiPad miniがあるのは間違いありません。「われわれは世界最高の体験を届けるためには手を抜かない」とクックが語る通り、iPad miniの利益率は他の製品にくらべて「著しく低い」とアップルCFOのピーターオッペンハイマーは説明。

またクックは「良い製品だとは思えない」と7インチ以下のタブレットを作る気がないことも言及。それは奇しくも、前CEOのスティーブ・ジョブズが生前に語っていた「iPadよりも小さなタブレットは使い心地が悪く、ユーザーは自身の指を一部削り落とす必要がでてくるだろう」という言葉と重なって聞こえます。

利益を犠牲にしてでもより完璧な製品作りを目指しているアップル、だからこそこんな強気な発言が出てきたんでしょうね。

Engadget Japanese , TechCrunch

(KITAHAMA Shinya)