いろいろ揃ったタブレット。機種別にどんな人にオススメか考えてみました

2012.10.24 19:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

121024TabletPC.jpg


アップルがiPad mini第4世代iPad、AmazonからKindleシリーズの国内発売が発表されて、にわかにタブレットPC市場が賑やかになってきました。

そこで、どのタブレットPCを選んだらいいのか迷える子羊ちゃんがワラワラと出てきたと思いますので、それぞれの機種の特徴から、どんな人にオススメかを考えてみたいと思います。僕の独断と偏見も結構加味されているので、ご参考までに、ということでひとつ。
 

 

第4世代iPad



 

王道中の王道ですね。画面もきれいですし、アプリもたくさんあります。9.7インチという大画面も、ほかにはない特徴。オールマイティに使える1台といえます。電子書籍を読むのも、アプリでゲームをするのも、メールやTwitterやFacebookをするのも、とにかくなんでもできる1台。

Wi-Fi版とLTE版もありますし、迷ったらiPadでいいのではと思います。iBooksが日本でも正式サービス開始ということで、電子書籍のタイトルがどこまで増えるかというのも興味深いところです。何でも楽しみたいという欲張りさんにオススメです。

 

iPad mini


 
基本性能はiPad 2。サイズは7.9インチで小ぶりになって、可搬性は大幅アップ。個人的には、この7インチクラスがタブレットPCとしては使いやすいなと思っています。iPadは欲しいけど、ちょっと大きいなという人には、最適でしょう。

できることは、従来のiPadとほとんどかわりません。ただ、画面のきれいさや高性能さを求めるのならば向いていないかも。いつでも気軽にiPadを持ち運びたいという人に。

 

Nexus 7



 

スペック的には第4世代iPadと双璧。ただ、液晶が7インチというところが若干違います。Wi-Fiモデルのみですが、薄くて軽く、ちょっと持ち運ぶのにはとてもいい端末だと思います。アプリもGoogle Playにはたくさんありますし、液晶もきれいなので、電子書籍を読むにもいいかと。電車の中でさっと出して使うのにも向いています。価格が安いのも魅力的です。

ただし、Wi-Fiモデルしかないため、外でネット接続をしたい場合は別途ネット環境の用意が必要。Androidでいろいろ遊びたいけれど、価格は抑えたいという人にオススメ

 

Kindle Paperwhite



 

E Ink スクリーンを採用した電子書籍リーダー。Wi-Fiモデルが8480円、3Gモデルが1万2800円という低価格なのがなんといっても魅力的。しかも3Gモデルは通信料無料という太っ腹さがたまりません。液晶がモノクロなので、カラー写真をふんだんに使った雑誌などのコンテンツはちょっと物足りないかもしれません。

それよりも、小説やマンガなどのモノクロ前提コンテンツに向いています。感覚的には、文庫本の代わりに持ち歩く、電子書籍専用端末という感じでしょう。あとは、AmazonのKindleストアがどれだけ充実するかがポイントだと思います。

 

Kindle Fire HD



 
7インチクラスのタブレットPCとして考えると、かなりコストパフォーマンスが高い端末。電子書籍はもちろん、音楽も内蔵ステレオスピーカーで楽しめます。日本ではWi-Fiタイプのみとなりますが、32GBモデルで1万9800円という価格は魅力的。もちろん、Kindleストアから電子書籍が購入できるので、コンテンツ的には申し分ないのではないでしょうか。

OSにはAndroidを採用していますが、アプリは独自のマーケットからしかダウンロードできないといった制約があるので、あくまでもマルチメディアが楽しめる電子書籍端末という使い方をメインと考えている人にいいのではと思います。

 

Kindle Fire



 

Kindle Fire HDに比べると若干スペックが劣りますが、1万2800円という価格が最大の魅力。この価格で、7インチのタブレットPCが買えるのですから、「とにかく安くて遊べるカラーのタブレットPCが欲しい」という人にオススメです。

Kindeの3機種に共通して言えることですが、どの端末を購入したとしても、最終的にはKindleストアの充実度具合が重要。5万冊以上のタイトルを揃えてスタートするようなので、期待はできますが、しょぼいタイトルばかりだったら、あまりKindleを使う意味はなくなるでしょう。

 

kobo



 

電子書籍リーダーとしては、Kindle Paperwhiteと同じ方向性ですが、ハードウェア的にやや劣ります。7980円という価格は魅力的なので、とにかく安い電子書籍リーダーが欲しいという人にはいいかも。楽天koboも徐々にタイトルが充実しているので、今後化ける可能性もあるかも?


ということで、各タブレットPCの特徴と、どんな使い方が向いているのかの考察でした。電子書籍メインで考えると、Kindle勢iPad miniが個人的にはいいかなと思います。もっといろいろ楽しみたいのならば、第4世代iPadがオススメ。ちなみに、Kindleストアは、iPadやAndroidから専用アプリで使うことができます。単純に、Kindleストアのコンテンツを楽しみたいのであれば、端末はどれでもいいということになります。

まー、ガジェットは選んでるときが一番ワクワクしますね。どれにするか、大いに悩みましょうよ!!


(三浦一紀)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Kindle Paperwhite
  • Amazon Digital Services, Inc - JP