1分間に250ページ! 大日本印刷と東京大学が開発したブックスキャナーが2013年に実用化(動画)

パラパラと本をめくっていくだけで、あ~ら不思議! ページがすべてキレイなデータに置き換えられていきます。

大日本印刷と東京大学の研究チームは、本を裁断することなく1分間に250ページの速さでスキャンできる世界最速クラスのブックスキャナーを開発しました。今までの自炊(自分で本を電子化する作業)の苦労は一体なんだったのでしょうか...?

大日本印刷は、この仕組みを次のように紹介しています。

このブックスキャナーは、ページをめくるときに生じる紙面の3次元形状を1秒間に500回の速度で捉え、最も高品質に電子化できる瞬間を、新たに開発した独自のアルゴリズムに基づいて、リアルタイムに識別します

撮像と同時に3次元形状を認識し、ページの歪みもリアルタイムに補正。今回の実用試作機では、補正速度が1分あたり120ページとなっていますが、さらなる並列化処理によって1分あたり250ページ補正できるそうですよ。

大日本印刷は図書館の書籍電子化サービスに向けて、2013年度中の実用化を狙っているそうです。またスキャナーの外販も検討中とのこと。これで電子書籍の幅が一気に広がりそうですね!

大日本印刷Ishikawa Oku Laboratory via Reddit

Rumi(Eric Limer 米版