動画読み込み時間、ユーザーが我慢できるのは2秒まで

動画読み込み時間、ユーザーが我慢できるのは2秒まで 1

辛抱たまらん!

インターネットが速くなればなるほど、忍耐力は衰えていきます。だって待つ必要がなくなるのですもの。クリックしたら目的の物がパッと表示される、それを期待しているわけですから。

ユニークユーザー数670万人、視聴回数230万回を元にした新たな研究で、短い動画(30分以内)だと読み込み時間2秒で諦めてしまう人がいるということがわかりました。20%の人は5秒で他のページへと移動していきます。30分動画の読み込み時間数秒で諦めてしまうならば、もっと短い数分の動画ではますます待てる時間が短くなるでしょう。これに対して、長編動画(映画等)に対しては、ユーザーは読み込み時間を寛容に待つことができるという結果もでました。

動画読み込み時間、ユーザーが我慢できるのは2秒まで 2

ユーザーへの読み込み時間への寛容性は、彼らが使用しているネットワークによっても違いが表れました。光ファイバー、ケーブル、DSLユーザーは、より待ち時間を苦手とする傾向が。反して、モバイルユーザーは待ち時間に寛容。これは、待つことに慣れているかいないかの差が顕著に現れる形になりましたね。

GigaOM

そうこ(Eric Limer 米版