真実がここに...? 第4世代iPad、解剖。

真実がここに...? 第4世代iPad、解剖。 1

中身はこうだ。

新製品リリース時に見られるネタ元iFixItの解剖も、すっかりお馴染みになってきました。第4世代となる新iPadは、第3世代とは中身から見てどう違うのか? 簡単に言うと、その答えは「そんなに違わない」です。もちろんA6Xプロセッサによってスピードは大きく向上していますし、アップデートされた前面カメラは720p HD動画の撮影が可能になりました。ここは、大きな向上ポイント。それ以外は特にコメントするところもないというのが、正直な感想でしょう。

あ、もちろん30ピンコネクタはLightningになってますけどね。Lightning導入によって、少しできたスペースの空きも何かに使われたわけではありません。例えばバッテリーや容量、スピーカーのアップデートなんかがあれば嬉しかったですけれどね。

まぁ、第4世代は新iPadというより、第3世代のマイナーアップデート版という立ち位置で登場しましたからね。期待しすぎはダメだよね。

iFixIt

そうこ(Jamie Condliffe 米版