Amazonロッカー、米大手文房具チェーンStaples店内に設置開始(動画)

ご存知ですか? Amazonロッカー

Amazonロッカー、それはAmazonお届け専用の宅配ボックス。日本ではすでにマンション等での宅配ボックスの設置が増えており、すっかりお馴染みになってきています。しかし、米国ではまだ新しい試み。しかもAmazon専用となれば、これはインターネットショッピングの新サービスとして注目です。

ターゲットは、主に郵便受けがなく留守中に品物を受け取れないAmazonユーザー。使い方は日本の宅配ボックスと同じようなもの。AmazonからEメールで受け取る番号を入力するとパカっと開きます。使用料等はかかりません。

サービスとして注目なのは、マンション設置の宅配ボックスと違い、地域のスーパー等の店内に設置されているということ。Amazonが設置するボックスなので、近所のユーザーみんな取りに来れる場所でなくてはいけないのです。米国内ではすでに、セブンイレブンやRite-Aid、Safeway等のスーパーがAmazonロッカー設置場所提携企業として決まっています。今回そこに、新たに大手文房具店のStaplesが加わりました。荷物を受け取るついでに、ちょちょっと買い物もしてくれれば...、提携企業はそう目論んでいるのでしょう。

日本にも、このサービス来るか?

[Reuters]

そうこ(Jamie Condliffe 米版