ハイスペックでストレスフリー! 富士通の技術力が詰め込まれたARROWS Vが素晴らしい

Sponsored

121026_arrows_top2.jpg

「遅い」「もたつく」とはもうおさらばだ!

コンパクトなwithシリーズじゃスペック的にもの足りない、でもNEXTシリーズは大きくてちょっと......。そんなわがままに答えてくれる納得の1台が登場しました。

富士通といえば、高機能な端末を出す会社として、古い携帯電話ユーザーの間では有名ですね。この伝統は、スマートフォンになってからも引き継がれています。富士通のスマートフォンといえば、ARROWSシリーズ。できないことはない、というくらいに機能がてんこ盛りで、愛用している人も多いことでしょう。

そんなARROWSシリーズの最新作ARROWS VがNTTドコモから発売されます。このARROWS V、富士通が愛情を注ぎまくって作った渾身の1台となっているらしいのです。こりゃ、かなり期待できるんじゃないですか? ということで、早速使ってみました。

下り最大100MbpsのXi対応

ARROWS Vは、もちろんXi対応。しかも、従来の通信速度よりも速い下り最大100Mbps※。これなら、ファイルサイズの大きなアプリのダウンロードや、ストリーミング動画の視聴もラクラクです。(※信越、北陸、四国、沖縄の一部地域よりスタート)

通常のXiのデータ通信でも十分速いんですが、これよりも速いって、どういう感じなのかなー。戻れなくなったりしたら怖い......。

最近話題のテザリングにも対応しているので、いざというときパソコンや携帯ゲーム機、タブレットPCなどをインターネットに接続させることが可能です。

これ1台で、外出先でのインターネット環境は整いますね。ありがたいありがたい。

クアッドコアCPUに大容量メモリ&ストレージ搭載

121025ArrowsV02.png

CPUにはクアッドコアの「NVIDIA Tegra 3」1.5GHzを搭載。まー、正直デュアルコアのCPUとそんなに変わらないのでは、と思っていたのですが、このCPUがとても速い! 通常の操作時はもちろんもたつきなど一切ありません。文字入力もスイスイ。ごちゃごちゃしたWebサイトの閲覧もすんなり行えます。

また、グラフィックに凝ったゲームや、ハイクオリティなフルHD動画などの再生でも、まったくストレスを感じることはありません。まさにストレスフリーな1台です。試しに、YouTubeでフルHD動画を再生してみましたが、快適に視聴できました。これなら、どんな動画でもストレスなく見ることができますよ。

121025ArrowsV03.jpg

3Dバイク」というゲームをプレイしてみました。3D表示のゲームですが、コマ落ちやプレイ中のもたつきなどはありません。快適すぎます。さすがクアッドコア。ゲームしていると、結構画面がひっかかったり、一瞬止まったりすること多いんですけど、ARROWS Vでは皆無でした。

121025ArrowsV04.jpg

メインメモリは2GBとなっています。これだけあれば、いくらアプリを起動していても動作が重く感じることはないでしょう。実際、遅いなーとか、もたつくなーと感じたことはありませんでしたね。メモリが1GBの機種とは、やはり違います。

また、64GBのROMを内蔵し、最大64GBのmicroSDカードに対応。最大128GBのストレージを使うことができるので、動画や音楽、写真などの大容量コンテンツをふんだんに保存しておけるというのもポイント。空き容量を気にして、パソコンなどにファイルをバックアップする必要がありません。

なお、ARROWS VはDLNAに対応。DLNA対応のブルーレイレコーダーなどとワイヤレス接続し、録画した地デジ番組をハイビジョン画質でストリーミング視聴ができるほか、ARROWS Vに保存して外出先で見ることもできます。そんなときも、大容量のROM&microSDカードが使えれば安心ですね。

スマートフォンで大容量のエンタメ、マルチメディアを楽しみたい。そんな願望に応えてくれる1台なんじゃないでしょうか。

2420mAhの大容量バッテリー

ARROWS Vのバッテリーは2420mAhと大容量のものを搭載しています。実際、丸一日持ち歩いて写真を撮ったりストリーミング動画を見たり、ゲームをしたりしていましたが、電池の減りは半分ほどといったところ。使用状況にもよりますが、普通に使っている分にはバッテリー切れで困るということはなさそうです。

僕が現在使っているスマートフォンは、もう古いということもありますが、結構電池の減りが早いんですよ。夕方にはもう電池やばい、って感じになってまして。ARROWS Vを使う前は、スマートフォンは電池の持ちが悪いしなーと、あまり期待はしていませんでしたが、ARROWS Vなら予備バッテリーなしでも、端末だけで気軽に持ち歩けます。

また、長時間使っているときに気になる発熱ですが、あまり感じませんでした。長時間の通話やインターネット接続、ゲームや動画撮影などをしていると、持っていられないくらい熱くなる端末が結構あるんですが、ARROWS Vに関しては気になるほどではなかったです。

持ちやすいシンプルなデザイン

121025ArrowsV05.jpg

これまでのARROWSシリーズは、高機能な端末ゆえに、やや本体が大きくて重いという点が気になっていました。スマートフォンは毎日持ち歩くものなので、できれば持ち運びがしやすいサイズのものを選びたいと、個人的には思っています。

ARROWS Vは、デザインがシンプルかつコンパクトになっています。実際に手に持ってみると、手に吸い付くような質感とホールディングのよさを感じます。スクエアとラウンドをうまく取り入れたデザインが、手のひらにしっくりくるんです。思わずずっと持っていたくなる感じ。

カラーリングはブラック、ホワイト、マゼンタの3色から選べます。マゼンタは女性に人気が出そうな雰囲気。派手さはなく、しっとりと落ち着いた印象です。デザインが中性的なので、男性でも女性でも違和感なく使えると思います。長い間使っても飽きがこない、いいデザインです。

外装は高級感があります。正直、これまでのARROWSシリーズは、高性能なんだけどなんか筐体の質感がイマイチだなーと思っていたんです。機能に比べて、いまひとつというか。

でも、ARROWS Vは違います。ただ、コンパクトになっている分やや重さは感じます。手にとって「わー、軽い!」というよりは、「安心感のある重さ」といったほうがいいでしょう。胸ポケットに入れているとき、「あ、ここにARROWS Vがあるな」とわかる感じです。

あともうひとつ。液晶サイズに比べて、周囲のベゼル部分が狭くなっているので、片手で操作できるのもいいところ。最近のスマートフォンは、液晶画面の大型化によりボディ全体が大きくなってしまっていて、片手で操作しようとすると親指が画面の端まで届かないことが多いんです。これが結構ストレスでして。

でも、ベゼルを極限まで狭くしてコンパクトになっているARROWS Vでは、右手で持って右手親指だけで画面のどこでもタッチできます。あ、もちろん手の小さな人にはちょっと無理かも......。僕は、男性としては標準的な手の大きさなので、片手操作OKでしたよ。

121025ArrowsVg1-01121025ArrowsVg1-02121025ArrowsVg1-03121025ArrowsVg1-04121025ArrowsVg1-05121025ArrowsVg1-06121025ArrowsVg1-07121025ArrowsVg1-08121025ArrowsVg1-09

コンデジに負けない高機能なカメラ

121025ArrowsV06.jpg

スマートフォンの主要機能のひとつに、カメラが挙げられます。最近では画質や機能が大幅にアップしており、コンパクトデジカメ代わりに使っている人も多いことでしょう。

ARROWS Vは、実はカメラ機能が優秀です。撮像素子には1310万画素の裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for Mobile」を、画像処理エンジンには高感度と低ノイズ化を実現する「Milbeaut Mobile(ミルビューモバイル)」を採用。その写りは、想像を超えていました。いやー、スマートフォンのカメラ、侮ってました。

被写体を自動的に認識して美しい写真に仕上げる富士通独自の「パーフェクトチューニング」により、特に設定をしなくてもきれいな写真になります。また、マクロや遠景、人物、夜景などのシーンを自動的に認識する「自動シーン認識」も優秀。ほとんどおまかせで問題ありません。

そのほか、顔認識機能やパノラマ撮影、ぼかし強調やHDR(ハイダイナミックレンジ)合成など、いろいろなエフェクトや撮影機能が搭載されているので、あらゆるシーンで活躍できるカメラといえます。

実際に撮影してみると、発色がよく、細部もよく再現されています。スマートフォンのカメラは、よく撮れるとはいっても、やはりコンパクトデジカメやミラーレス一眼、デジタル一眼レフなどにはかないません。

しかし、ARROWS Vはコンパクトデジカメと遜色ない写りです。ややボケ味にクセがありますが、ピントのあった部分の描写は、十分にシャープ。逆光に弱い面もありますが、ほとんどの撮影シーンでは問題ありません。

レスポンスも良好。ただし、HDR合成やスーパー夜景モードなど、撮影後の処理が必要なシーンでは、撮影したあとに待たされました。このタイムラグがちょっと気になります。もし、処理中にシャッターチャンスが来たら......。まあ、そんなことはそうそうないんですが。

また、裏面照射型のCMOSセンサーの強みである、高感度撮影もなかなか優秀。夜景モードやスーパー夜景モードを使えば、手持ちでも夜景を撮影できます。28mm相当の広角レンズが搭載されているので、広々した風景の撮影に向いています。

28mmって、広角好きな人ならば絶対使う画角ですよね。結構コンパクトデジカメでも、28mm単焦点レンズ搭載のものもありますし。結構使いやすい画角なんです。

撮影した写真を掲載しておきますので、じっくり見てください。使用したエフェクトもギャラリーページに記載しましたので、参考にしていただければ幸いです。

121025ArrowsVg2-01121025ArrowsVg2-02121025ArrowsVg2-03121025ArrowsVg2-04121025ArrowsVg2-05121025ArrowsVg2-06121025ArrowsVg2-07121025ArrowsVg2-08121025ArrowsVg2-09121025ArrowsVg2-10121025ArrowsVg2-11121025ArrowsVg2-12

多彩なセキュリティ

121025ArrowsV07.jpg

スマートフォンには、アドレス帳やメール、写真など、個人情報が満載です。これをしっかり守ることができる機能が、ARROWS Vには多数搭載されています。まず背面にあるスマート指紋センサー。あらかじめ指紋を登録しておくと、指でセンサーをなぞるだけでロックが解除できます。パターン入力や暗証番号の入力が不要で、スマートにロック解除ができます。

背面をすっと指でなぞるだけでロック解除ができるので、急いでメールチェックをしたりしたいときにかなり便利。多分ほんの数秒の違いだと思うんですが、余計な動作がなくなる分、ストレスを感じなくなります。こういう細かいところを突き詰めていく、富士通の姿勢、大好きです。

また、画面の覗き見防止のために見えにくくするプライバシービューや、アプリごとにロックを設定できる「milock」(マイロック)、サイトなどのIDやパスワードをARROWS Vで一括管理するパスワードマネージャーなど、便利な機能が満載です。ARROWS Vならば、大事なデータもしっかり守ってくれます。

そのほか、指定したメールや連絡先などを個別に非表示にできる機能も搭載。ビジネス上の機密メールやプライベートな情報など、見られたくないものを隠しておけるのは、なかなかありがたい機能といえます。

このようなセキュリティ機能が充実していると、万が一紛失してしまった場合でも、個人情報を悪用されたりする可能性が低くなります。スマートフォンを選ぶ際のひとつの基準にしておくのもいいかもしれません。

その他の便利な機能にも注目

121025_arrows_human.jpg
手に持っている間はディスプレイがスリープしない

ARROWS Vには「ヒューマンセントリックエンジン」が搭載されています。これは、動作や環境に合わせて最適な使いやすさを提供するもの。

たとえば、手に持っている間は画面が消えない「持ってる間ON」や、机の上などの水平なところに端末を置くと自動的に画面が消える「水平時すぐにスリープ」、画面の向きが意図せずに変わったときに端末を振ることで元の向きに戻せる「戻ってシェイク」などが挙げられます。

机の上に置くとき、画面が見えると嫌なので、毎回電源ボタンを押してスリープ状態にしていたんですけど、「水平時すぐにスリープ」を有効にしておけば、そんな面倒なことしなくていいんですよ。なんて親切。

こういう、ユーザーの使用環境を考えた機能がついているのは、ARROWSならでは。機能てんこ盛りだけど実際にはあまり使わない、という機種も多いんですが、ARROWS Vは使いたいと思わせる機能が盛りだくさん。

「水平時すぐにスリープ」は省電力になりますし、ごろ寝しながらWebサイトを見るときに「戻ってシェイク」はとても便利です。絶対、富士通の人が寝ながらスマートフォン使っているときに思いついた機能なんだと思います(笑)。

将来的には、念じるだけで電話がかけられたり、メールを送信できたりするようになるといいんだけどなー。どうですかね、富士通さん。

また、より高速な無線LAN通信が行えるIEEE 802.11n 5GHz対応や、USBハードディスクやUSBメモリを接続して直接データのコピーや移動が行えるUSB機器接続機能など、快適にスマートフォンライフを楽しめる機能が搭載されています。特に後者は、スマートフォンとパソコン間でファイルの受け渡しをしたいときなどにとても便利です。

富士通のすべてが詰まった逸品

このようにARROWS Vは、一見シンプルなデザインのスマートフォンですが、中身は機能でぎっしり。富士通の技術力を余すところなく詰め込んだ、素晴らしい端末です。

「飽きがこなくて長く持てるスマートフォンが欲しい」「1台あれば何でもできるスーパーなスマートフォンが欲しい」「手になじんで持ちやすいスマートフォンが欲しい」という、ユーザーのわがままをすべて叶えてくれます。そして、実際に使ってみると、予想以上にストレスフリーで快適なことに驚くことでしょう。

特に、実際に手に持ったときのフィット感は、僕がこれまで手に持ったスマートフォンのなかでも上位クラスです。今、手元にあるんですが、意味もなく何度も持ってしまうほどです。

僕は、現在スマートフォンは古いもの(Android 2.2の端末)しか持っていないので、そろそろ最新モデルにしたいなーと思ってまして。いろいろ探していたんですけど、ARROWS Vが心のランキングナンバーワンに踊り出ました。欲しい機能は全部入ってるし、親切だし、カメラもいいし、コンパクトでデザインも気に入ったし。発売日が待ち遠しい!

この冬、スマートフォンの買い替えを検討されている方、ARROWS Vはいかがですか?

ARROWS V

(三浦一紀)