マイクロソフトの「次期CEO」、退社じゃなくクビだった

121122_sinofskyfired.jpg

能力よりも協調性...と。

Windows 8の開発当時責任者で「次期CEO」とも言われたスティーブン・シノフスキー(Steven Sinofsky)氏。彼がマイクロソフトから退社することが発表されたときは、公的には単なる退社として扱われていました。が、真相はそんなに円満ではなかったようです。

ExtremeTechでは、シノフスキー氏は自ら去ったのではなく、唐突ながらも明確にクビになったのだとしています。その背景にどんな考えがあったのか具体的にはわからないままですが、シノフスキー氏の協調性の低さが指摘されています。たとえばWindows 7でのタブレットのサポートを頑なに拒否するなど、タブレット関連のプロジェクトには全般に後ろ向きで、Courierなどの開発を主導したジェイ・アラード(Jay Allard)氏を退社に追い込んだとも言われています。

現在、マイクロソフトはアップルやグーグルのような統合された製品作りを実現すべく、社内の協調を重視するようになっています。そのため、もともと社内でケンカの絶えないシノフスキー氏のような存在は、ますます会社と相容れなくなってしまったのでしょう。

であれば、Windows 8のローンチが失敗だったからクビになったのでは? という噂は当たっていないと言えそうです。むしろExtremeTechでは、バルマー(マイクロソフトCEO)はもっと早く解雇したかったのだけれど、Windows 8が無事ローンチするまでは体制を変えない方がいいと判断したのだろうとしています。

今回の決断が功を奏するなら、WindowsやWindows Phone、OfficeやSurfaceといった製品群はより連携して使いやすくなっていく...はずです。今後どうなっていくか、見守りたいと思います。

ExtremeTech

Eric Limer(原文/miho)