ソフトバンクもiPad mini・iPad(第4世代)の料金発表。こちらも基本料は0円から!

ソフトバンクもiPad mini・iPad(第4世代)の料金発表。こちらも基本料は0円から! 1

待ちましたってば!

明日朝からの販売開始を前にして、auの料金プランに引き続き、ソフトバンクもiPad mini・iPad Retinaディスプレイモデル(第4世代)料金プランが発表されました。

こちらも「基本使用料0円〜」というのが大きな特徴。では、詳しくみていきましょう。

ソフトバンクもiPad mini・iPad(第4世代)の料金発表。こちらも基本料は0円から! 2

iPad mini (16Gバイト)の購入イメージがこちら。

通常料金では毎月の支払額は6300円。ですが各種キャンペーンを適用することで割引されます。最安の組み合わせは、ソフトバンクケータイ利用者で、(iPad 専用)ゼロから定額プラン for 4G LTE、スマホ下取り割(後述します)を利用した場合の1650円〜

auも同様ですが、月々割は機種代金には適用できません。つまり、基本料金は0円スタートですが月々の支払額が0円からになるわけではないのでご注意を。

ソフトバンクもiPad mini・iPad(第4世代)の料金発表。こちらも基本料は0円から! 3

さきほどのスマホ下取り割を含め、お得な各種プログラム・キャンペーンの対象となるのは上記の通り。最後に機種代金をまとめてどうぞ。

ソフトバンクもiPad mini・iPad(第4世代)の料金発表。こちらも基本料は0円から! 4

ソフトバンクもiPad mini・iPad(第4世代)の料金発表。こちらも基本料は0円から! 5

機種代金については以下のような注釈も付いています。

■iPad 向け月月割は、新スーパーボーナス加入後2ヵ月目から開始され、支払い回数(24回)をもって終了となります。

■実質負担とは、分割支払金と月月割(上限)の差額で基本使用料を除く月々の通信料からの割引により分割支払金の負担を実質的に軽減することを指します。実際に分割支払金がなくなるものではありません。解約・機種変更などで割引がなくなる場合は、実質負担0円にはなりません。

■iPad 向け月月割の対象となるのは、基本使用料・通信料、月額使用料、手数料です。

■iPad 向け月月割は新規加入・機種変更時にお申し込みいただいたパケット定額サービスの種類により決定されます。iPad 向け月月割終了までの間にパケット定額サービスの変更や解除をされますと、月月割が減額される場合があります。

というわけで、au、ソフトバンクモバイルともに料金プランが出揃いました。

見比べながら明日の朝を迎えましょう!

iPad mini iPad Retinaディスプレイモデルのお支払いイメージ:iPad[ソフトバンクモバイル]

(松葉信彦)