Kindle Fire HD 8.9インチ初タッチの感想は「小さな大型タブレットはとても持ちやすい!」

Kindle Fire HD 8.9インチ初タッチの感想は「小さな大型タブレットはとても持ちやすい!」 1

日本でもついにKindleが発売され、話題をかっさらっていますね。売れ行き好調で、今から買う人は発送が年明けになってしまうとか。

その大人気Kindleですが、米GizmodoのオフィスにはKindle Fire HDの8.9インチモデルがやってきました。7インチの上をいくサイズは吉とでるのかどうなのか? 米Gizの初タッチの感想を見てみましょう。

今回は、ちょっと触ってみた初感想のレビュー。フルレビューは数日使い倒してからやろうと思う。まず思うのは、8.9インチという大きさの良さ。10インチよりもずっと片手で持ちやすい。持ちやすさは、大きめのベゼルのおかげもあるだろう。もちろん、その代わりにiPad miniのようなコンパクトさはもちろんない。言うならば、iPad miniは大きな小型タブレット。Fire HDは、小さな大型タブレットというところか。例えば、コミックだってズームすることなく読めるサイズだ。

スクリーンに関していうと、それはそれは素晴らしい。Nexus 10と簡単に比較してみたが、Fire HDの黒の方がより黒い。Nexus 10の方が画面に白を表示した場合、少し明るい気がする(個人の主観だが)。テキストはどちらもシャープ。しかし、Fire HDとNexus 10の白は、白の種類が違う。結果、読むという点ではFire HDの方がコントラストが目に優しいと感じた。

それ以外では、特にFire HDの7インチモデルと違いはないように感じる。

フルレビューが楽しみですね。日本では、8.9インチの発売はまだ明らかにされていませんが、ついにやってきたKindle日本上陸で注目が集まっているのは間違いありません。

そうこ( 米版