電子書籍戦争が激化! Kindle PaperwhiteがKobo gloと同価格まで値下げ、BookLive!はWiMAX搭載端末を投入

電子書籍戦争が激化! Kindle PaperwhiteがKobo gloと同価格まで値下げ、BookLive!はWiMAX搭載端末を投入 1

ユーザーにしてみればとってもありがたい「戦い」ですね。

タブレット市場と同様に、電子書籍端末の間でも熾烈な戦いが始まってます。アマゾンが日本での発売を決定しているKindle、その中でも大本命端末とみられているKindle Paperwhite(トップ画像左)が値下げされました。Kindle Paperwhiteはディスプレイにライトが内蔵されており、夜間でも利用可能になったモデル。11月19日の日本発売を前に現在サイトで予約を受け付け中だったのですが、アマゾンは当初8480円だった価格を7980円に値下げしました。この値段、競合機種とされ今月1日に発表された楽天のkobo gloと同価格になります。

また凸版印刷グループの電子書籍ストア運営会社BookLive!と、三省堂書店、NEC、UQコミュニケーションズは新しい電子書籍専用端末BookLive!Reader Lideo(トップ画像右)を発表。こちらは6インチスクリーン、WiMAX搭載というモデル。8480円で12月10日に発売とのこと。Wi-FiとWiMAXを搭載し、追加料金なしでWiMAXを利用できるのが大きな特徴です。

色んな端末が出揃って、それぞれに値下げ競争してくれたらユーザーとしてはハッピーですね。さて、どれ買おうかな~。

Amazon , BookLive!

(KITAHAMA Shinya)