MacBook Pro 13インチ Retina ディスプレイモデルレビュー:良い製品だけど今買うまでもない

MacBook Pro 13インチ Retina ディスプレイモデルレビュー:良い製品だけど今買うまでもない 1

15インチのMacBook Pro Retinaモデルが発表された瞬間から13インチバージョンの登場を今か今かと待っていました。

そしてついに登場しました。スリムでかっこいい、そして15インチモデルと比べて価格も安くて、持ち歩くのに相応しいゴージャスなRetinaスクリーンが搭載されたMacBook Pro。でも、何もかもが価格に見合うような素晴らしい事ばかりでは無いことも知っておいた方が良さそうです。

MacBook Pro 13インチモデルはアップルのラップトップ製品の中でも一番売れているラインで、万人にとって使いやすい程よいサイズに、ガリガリに薄くなっているMacBook Air のプレミア価格も無し。ただし、持ち歩くにはちょっと重かったんですよね。そしてついにそんなMacBook Pro 13インチに新しくて精細で美しいRetina スクリーンが搭載されたのです。

アップルで一番売れているラップトップにRetinaスクリーンを搭載する作戦は、これからもアップルのラップトップを超大量に売っていくための大切な「レシピ」であるはず。しかしながら13インチMBPの不完全燃焼感極まりないパフォーマンス問題は、SSDと解像度の問題をうまく捌けていないようです。

これが素晴らしく正しいラップトップだと言われる一方、いくつかの証拠から必ずしもそうではないようなのです...。

MacBook Pro 13インチ Retina ディスプレイモデルレビュー:良い製品だけど今買うまでもない 2

使ってみて

MacBook Pro 13インチ Retina ディスプレイモデルを立ち上げた瞬間、Retinaスクリーンの精細さは他のノート型PCに戻れなくなってしまうほどに破壊力があります。

とにかく美しい! アイコンもテキストもメニューのインターフェースも通知センターも、何もかも、全身をピカピカにコーティングしたかのような美しさ。特にテキストの汚れない美しさが際立ちます。

もしMacBook Pro 15インチ Retina ディスプレイモデルを使っていない人なら、最初は混乱もするかもしれません。

あれ、ピクセル解像度が大きい...? スクリーンが細かく小さくなっているわけではない? 

アップル的に「最適」なスクリーン設定がデフォルトとなっているのですが、Retinaスクリーンにも関わらずデフォルトのワークスペースのサイズが1280×800ピクセルで、通常の13インチMacBook Pro と同じサイズなんですね。

ディスプレイの設定から4種類の4つのスケールサイズを選択できますし、Retinaディスプレイの恩恵にあやかり解像度をかなり大きくすることは可能です。

そして13インチ Retinaモデルの見た目は、やっぱりAirというよりはやっぱりProという感じ。13インチAirより厚みがありますが、現行のProより少し小さくなっています。ただし15インチ Retinaモデルと比べても、何か劇的な変化はあるわけではありません。むしろ現行の13インチのProとAirの中間と思った方が良いかもしれません。

MacBook Pro 13インチ Retina ディスプレイモデルレビュー:良い製品だけど今買うまでもない 3

グラフィックスのパフォーマンスをテストするために、同じ動画プロジェクト(小さめ、ランダムなビデオファイルで、いくつか重めのエフェクトが付加されているもの)を、4つのマシンでレンダリングさせてみました。

MacBook Pro 13インチ Retinaディスプレイモデル、MacBook Pro 15インチ Retinaディスプレイモデル、古いけどパワーアップさせているMac Pro、2012年のMacBook Air 11インチの4つを使います。結果は以下の通り。

古いMac Proが一番遅かったです。それぞれ2分以上多くレンダリングの時間を費やしました。Airが2番目で大体1分以上(平均1分05秒)ほど時間を費やしました。13インチ Retinaモデルは1分以下(5回とも正確にちょうど54秒でした)で、15インチ Retina モデルは34秒でした。

この結果が期待以上か期待以下かは人それぞれだと思いますが、しかしながら13インチ Retinaモデルはテストした11インチのAirに比べて850ドル(約6万7千円)高く、15インチRetinaモデルに比べてたった200ドル(約1万6千円)しか差がありません。このパフォーマンスにおけるギャップは気になりますよね。

ゲームに関しても同じような結果です。Diablo 3を起動させると、ネイティブの解像度にエフェクトは「high」で、プレーは全然可能、ただFPSは一貫して30以下まで落ちてしまいます。より低い設定(1866×1166 で大抵のビデオラグは直った)にすると改善されます。ただ、ゲームしている時にコンピューターの事を気にかけるのは極力避けたいですよね...。

好きなところ

作りはムカつくくらい理想的なMacBookです。

ここ数年、他のラップトップ製造メーカーがこのアップルの美学を追い求めてきた理由はここにあります。単にスクリーンの素晴らしさだけでは無い、もっと芯にあるクオリティ。ぎゅっとしまったユニボディデザインに素晴らしいキーボードにトラックパッド、そして爆速なSSD。これぞコンピューターのあるべき姿です。

MacBook Pro 13インチ Retina ディスプレイモデルレビュー:良い製品だけど今買うまでもない 4

好きではないところ

解像度の性能は単純に測定できるものではありません。

グラフィックパフォーマンスがMacBook Airと極めて近いかもしくはそれ以下、そして高解像度の設定にするとはっきりとわかるほどシステム全体が遅くなります。なのでこのラップトップで何でも出来る!という期待を抑える必要がありますね。まるで制限ありのウルトラブックを使っているような気分になることもあります。

おかしなところ

高解像度の写真が若干色がおかしくなっているように見えます。ちょっと暗すぎかなってくらいに映り、色も深すぎて彩度もおかしい。カラーキャリブレーションを変えればいいのかもしれませんが、ビジュアルを扱うプロにとっては相当やっかいに感じると思います。

MacBook Pro 13インチ Retina ディスプレイモデルレビュー:良い製品だけど今買うまでもない 5

テストノート

レンダーテストに使ったマシンのスペック

・Retina 15インチモデル

2.3GHz クアッドコア Ivy Bridge Core i7, 16GB 1600Mhz DDR3 RAM, NVIDIA GeForce GT 650M、1GB GDDR5メモリー, 251GB SSD, 122.47GB 容量空き, OS X 10.8.2

・Retina 13インチモデル

Retina 13: 2.9GHz デュアル コア Ivy Bridge Core i7, 8 GB 1600 MHz DDR3, Intel HD Graphics 4000 768 MB, OS X 10.8.2

・MacBook Air 11インチモデル

2GHz デュアル コア Ivy Bridge Core i7, 8GB 1600MHz DDR3 RAM, Intel HD Graphics 4000 512MB, OS X 10.8.2

・Mac Pro(Early 2008モデル)

2x 2.8GHz クアッドコア Intel Xeon, 34GB 667MHz DDR2 RAM, ATI Radeon HD 2600 XT 256MB, OS X 10.7.4

バッテリー寿命をテスト(60%の明るさで、Chromeブラウザのタブを20個開き、半分はセルフリフレッシュ、最後のひとつは100時間のNyancatのYouTubeビデオを再生)してみましたが、バッテリーの持ち時間は3時間15分。他の13インチウルトラブックと比較しても良い結果となりました。

スピーカーからの音は、たいていの小さめのラップトップより「溢れている」印象です。エコーがかっているのですが音楽を聞くと言うより音声を聞く方により向いている感じです。

Chromeのブックマークにファビコンを使うのが好きなのですが、Retinaに対応していないサイトに憤りを感じてしまいました。細かい話ですが、Retinaのピクセル対応していないウェブサイトやロゴや画像のせいで、Retinaのユートピアを台無しにされてしまいます。

もしMacBookユーザーでなかったら、ゴム製のチクレットキーボードでのタイピングが圧倒的に快適に感じると思います(Airのキーボードとは簿妙に違いがあります)。またトラックパッドはその他のラップトップと比較しても最高に良いと思います。

MacBook Pro 13インチ Retina ディスプレイモデルレビュー:良い製品だけど今買うまでもない 6

買うべき?

多分、今購入可能な13インチのラップトップの中でもベストだし、きっと満足のいく製品だと思います。

もちろん、このコンピューターは写真家やデザイナーにとっても意味があるものだと思います。15インチのRetinaモデルも同じようなメリットがありますけど、13インチより重くて大きくて、そして値段もお高いので尻込みしてた人もいるでしょう。

13インチのMacBook Proの値段について言ってしまうと、アップグレードした13インチ Retina(2.9GHz デュアルコア i7, 256GB SSD)と同じ値段で、同じ性能以上の15インチのRetina MBP(2.3GHz クアッドコア i7, 8GB メモリ, 256GB SSD, GT 650M グラフィックカード)を手に入れる事ができます。

13インチにかかっているコストはポータビリティ性だと思います。

ASUSのZenbook PrimeはフルHDのスクリーン搭載だし、3分の2の値段だし、パフォーマンスもなかなか...という選択肢も頭に浮かんでしまいます。ただ、MacBook Airのラインでスクリーンを新しくするという噂はありません。解像度が2倍になるような事は無いでしょうが、Retinaでなくても将来的に最低1080px以上にはなると思います。

ポイントとしては、MBP 13 Retinaモデルは素晴らしい、けれども何もかも素晴らしいというわけではないということを言いたいのです。そして価格もものすごい高いわけでもありません。

他の選択肢もあるわけですし、MacBook Airのスクリーンをアップグレードしたくてしょうがないという人、今MacBook Pro 13インチを使っていて満足が行かない人以外、とりあえず今のところは待ったほうが賢明だと思います。

MacBook Pro 13インチ Retinaディスプレイモデルのスペック

プロセッサ: Intel Ivy Bridge 2.5GHz Dual Core Core i5 or 2.9GHz Dual Core Core i7

ディスプレイ: 13.3-inch, 2,560 x 1,600 (scaled to 1280x800がデフォルト)

メモリー: 8GB RAM

ストレージ: 128GB-776GB SSD

ポート: HDMI, 2 Thunderbolt, SD Card slot, 2 USB 3.0

ギャラリー

20121114_macbookpro13_720121114_macbookpro13_820121114_macbookpro13_920121114_macbookpro13_1020121114_macbookpro13_1120121114_macbookpro13_1220121114_macbookpro13_1320121114_macbookpro13_1420121114_macbookpro13_15

GizRank: 3.5

というわけでギズランクは3.5です。

mayumine( Kyle Wagner 米版