NTTの光回線値下げの詳細が判明。東西で割引サービスがちょっと違うようです

NTTの光回線値下げの詳細が判明。東西で割引サービスがちょっと違うようです 1

昨日この記事で取り上げたNTTのフレッツ光利用料金値下げの報道ですが。本日正式にNTT東日本、西日本よりキャンペーンの詳細が発表されました。

NTT東日本では新規加入促進キャンペーンとして「思いっきり割」が実施されます。これは平成24年12月1日(土)より、新たに「フレッツ光」を契約したユーザーが対象となり、毎月の月額利用料から戸建向け(ファミリータイプ等)で945円(税込)、集合住宅向け(マンションタイプ等)で最大1165.5円(税込)を24ヵ月間割り引くというもの。

詳しい割引価格や割引後の金額などは下の表のようになっています。

NTTの光回線値下げの詳細が判明。東西で割引サービスがちょっと違うようです 2

昨日の段階で「まさか新規だけなんてことは......ないよね?」と思っていたんですが、やっぱり新規だけのキャンペーンなようです。だったら一度解約してもう一度! と思ってしまいますが、「フレッツ光を解約してから1年以内のお客さまは、「思いっきり割」の適用対象外になります。」との留意事項がありました。Oh......。

一方NTT西日本では長期継続利用型割引サービスとして「光もっと2割(光もっともっと割)」を実施。こちらは契約年数に応じて段階的に値下げが行われるキャンペーンとなっています。割引率は以下の表のとおり。

NTTの光回線値下げの詳細が判明。東西で割引サービスがちょっと違うようです 3

最大割引きラインに到達するには8年かかるようですが、既存のユーザーも対象となり1年目からでも割引が行われるのが旨みです。

値引きされるのはいいことですが、既存のユーザー置いてけぼりって状況が発生するのはちょっとガッカリ。思わずNTT東日本に電話して確認取ってみたのですが、「発表されているとおりです」とのこと。

ただ、僕を含め「本件について既存のお客様からの問い合わせも多く受けております」とのことでした。乗り換えずに今までお世話になってきたんですし、既存ユーザーにも何かしらのご褒美が欲しいところ......。なんとかなりませんか? ねぇ?

新規加入促進キャンペーン(「思いっきり割」)の実施について[NTT東日本]

フレッツ光 料金サービスの充実・強化について[NTT西日本]

(小暮ひさのり)