なんか不思議なタイムラプスビデオ。どうしてかわかりますか?(動画)

何かがいつもと違う。

こちら不思議なタイムラプスビデオですよね。それもそのはず。このタイムラプスビデオ同じフレームの中で夜と昼が共存しているんです。暗い部分は夜のシーン、明るい部分はお昼のシーンなんです。

これは、フィリップ・ストックトン(Philip Stockton)さんの作品で、Canon 5D Mark Ⅲ5D Mark IIそして 7Dを使って、ニューヨークの風景を何ヶ月もの間撮りだめたシーンをつなぎ合わせたものなんです。

このNew York:Night and Dayは、伝統的ではないタイムラプスビデオとアニメーションを融合させたもの。ストックトンさんは、ニューヨークのいろいろな場所で夜のシーン、昼のシーンを撮影して、ロトスコーピングという技術を使って夜と昼の映像を1つのシーケンスに統合したんです。

夜と昼が共存しているニューヨークの風景だって思いながらもう一回ビデオを観ると、なんだか、本当は見ちゃいけないダークサイドを垣間見てしまっているような? 気分になってきませんか?

[Vimeo via PetaPixel]

-Casey Chan(原文/junjun)