「丸みを帯びた四角」がアップルの特許になりました

「丸みを帯びた四角」がアップルの特許になりました 1

「まさか認めないでしょ」と言われてきたiPadの「丸みを帯びた四角」のデザイン特許が、あっさり認められちゃいましたよ。

米国特許商標庁(USPTO)が認めたのは特許番号D670286。図版には初代iPadの基本形が黒線で描かれています。破線で描かれた部分は全体イメージがわかるよう補足したものであり、特許保護されるのはあくまでも実線で描かれた「角の丸い長方形1個」だけ

「丸みを帯びた四角」がアップルの特許になりました 2

アップルは他にもiPad・iPhone関連の特許を山ほど取得しています。その内容はホームボタンから背面の曲がり具合、ベゼルの形状、横の輪郭までなんでもござれなのですが、今回の特許ではそれを全部スルーして端末の輪郭の定義だけに絞ってます。

角が丸い四角って...なんでもそうだし...。世界中の法務関係者・業界人・一般人も首をひねってしまいますよね。

もちろん、アップルが競合の訴え材料に使わない限り問題にはなりません。仮に訴えたとしても先行技術がいくらでも見つかるので、法廷であっけなく無効になっちゃう可能性大。アップルのこれまでの動きを見ると絶対訴えないとは言い切れませんが...。

まあ、世の中にはバーコード頭の特許なんてものまでありますからね。

「丸みを帯びた四角」がアップルの特許になりました 3

USPTO via Ars TechnicaThe VergeQuartz

Jamie Condliffe(原文/satomi)