これは新発想。今までとはひと味違う伸び縮みするテーブル

これは新発想。今までとはひと味違う伸び縮みするテーブル 1

家具業界の一部ではトランスフォームする家具がますます進化を遂げています。

段々とエクストリームになっていく業界ですが、そんな中、その発想はまだなかったなぁと感心させられるダイニングテーブルがあったのでご紹介します。

デザイナーはジュリアン・ヴィダーム(Julien Vidame)さん。天板を細い木材を並べて作っています。そして、テーブルを大きくする時には、それぞれの木材が90度回転する仕組みになっています。31インチ幅から62インチ幅(およそ80cmから160cm)に大変身です。

残念ながらコンセプトデザインで、お値段も分からないし、買えるのかどうかも分かりません。ただジュリアンさんは十分に機能するプロトタイプはすでにあるとしていて、投資家がこのデザインの素晴らしさが分かったらすぐにでも商品化できると言っているそうです。

んー、お値段が気になる!!

これは新発想。今までとはひと味違う伸び縮みするテーブル 2

Vidam Creation via Notcot

mio(米版