サムスン、曲がるスクリーンの携帯端末に本気。予想より早い開発、商品化の可能性も

サムスン、曲がるスクリーンの携帯端末に本気。予想より早い開発、商品化の可能性も 1

未来がまた近づいてきた!

サムスンが曲がるディスプレイ搭載モバイル端末の開発に意欲的なのは以前からニュースになっていました。が、今回ネタ元のウォール・ストリート・ジャーナル紙によりますと、このコンセプトデザインが予想よりも早く世に出回ることになるかもしれないといいます。

曲がるスクリーン端末は、簡単にいうとガラスのタッチスクリーンを柔軟なプラスティック製に置き換えることで実現できます。端末に必要な有機LEDは、薄皮のように表面に貼付け、こうすることで、柔軟で壊れにくい端末ができあがるのです。

サムスンがこの曲がる端末にどれほど投資しているのかは定かではありません。しかし、ディスプレイ市場で今後大きく成長する可能性があるのは、LGやシャープ等の他社の注目を見ても明らか。出来る限り開発を急ぎ、1番乗りできれば良いにこしたことありません。ウォール・ストリート・ジャーナル紙では、事情通の話として、2013年前半には曲がる端末がリリースされる、と報じています。

本当かな? 曲がる携帯、本当に欲しいかどうかは後から考えるとして、早く触ってはみたいです。

[WSJ]

Image by Samsung

そうこ(Jamie Condliffe 米版