え...怖い...。LTEネットワークを破壊するには650ドルもあれば十分らしい

2012.11.27 12:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

121120ltedanger.jpgのサムネール画像


米国の話ですが日本はどうなんでしょうね?

米国電気通信情報庁(NTIA)に提出された書類によると、LTEネットワークはたったの650ドルで破壊することができるんだそうです。

この書類によると、LTEを使った全ての通信網が脆弱だということです。この中には9.11以降に非常用ネットワークとして整備された「FirstNet」も含まれます。それも誰でも簡単に破壊することができるのだそうです。650ドルよりもうちょっとだせば、テロリストはニューヨーク州全体のLTE網を壊せるようです。

この報告書は、バージニア工科大学ワイヤレス調査部門のディレクター、ジェフ・リード(Jeff Reed)氏とリサーチアシスタントのマーク・リッチマン(Marc Lichtman)氏によって作成されました。彼らによると、この攻撃を防ぐのは難しいというそうです。なぜなら、この問題はLTEシステムの構造上の脆弱性を突くものだからだそうです。

リッチマンによると、LTEネットワークをダウンさせるためには主に8つの方法があるそうで、基本的な通信技術に関する知識のあるエンジニアなら誰でもできるそうです。

携帯電話は常に基地局と同期を行っています。もし同期が邪魔されたら、データを送信することも受信することもできません。そこに狙った攻撃方法が8つあるわけです。LTEの信号はとても複雑で、たくさんのサブシステムを利用しています。そしてその中の1つのサブシステムでも止まってしまうと、システム全体を利用することができなくなります。これは、通信エンジニアなら誰でも理解できることです。

NTIAと大手通信業者はこの報告書に対してまだ反応していません。ちょっと安心できる点は、このような状況になっても3Gや2Gの通信網は使えるということです。しかしながら、より速いネットワークを求めてLTEを使うユーザー数がどんどん増えていくと、この問題は非常に気になります。実際、試算によると2017年までに、世界の半分の人が使うほどLTEはスタンダードになると考えられています。そしてその中には、医療チーム交通機関など重要な組織・団体も含まれています。

そして最悪なのが、緊急通信網もLTEを使用していることです。9.11の時、緊急の通信がうまくいかなかった反省を活かして作られたFirstNetはLTEを利用しています。想像してみてください。テロリストが目的を遂げた後、助けを求める緊急通信を阻害しているところを。リード氏によると、それこそまさに起こりうることなのだそうです。

現在のところ、解決方法はありません。これはシステム構造上の問題だからです。防ぐためには、かなり根本から考え直す必要があるようです。

LTEは速くてとても快適です。しかしセキュリティという観点からの問題点はこれまで見過ごされてきていたようです。困りましたね。

...にしても650ドルって安いです。怖いなぁ。


MIT Technology Review

mio( Jesus Diaz 米版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 日本通信 LTE対応 b-mobile 4G WiFi2ルータ SIMフリー端末 BM-AMR510WH
  • 日本通信
・関連メディア