自分好みにレイアウトが変更できるハイエンドゲーミングキーボード

自分好みにレイアウトが変更できるハイエンドゲーミングキーボード 1

マッドキャッツから、なんかものすごいゲーミングキーボード2機種が発売されました。

まず1台目が「S.T.R.I.K.E. 7 Gaming Keyboard」。V.E.N.O.M TFTタッチセンサーディスプレイモジュールには、アプリの起動、メディアの操作、音量、バックライト、時計、ストップウォッチ、タイマーなどなど、いろいろな機能を表示させておくことができます。日本語表示には対応していませんが、もうこれだけでかなりサイバーな雰囲気になりますね。

キーボード部はそれぞれが分離可能。テンキーレスにしたり、テンキーを左側に配置したり、キーボードとテンキーを分離して配置したりと、自分なりのレイアウトが楽しめます。

また、キーボード部のバックライトは1600万色から選択可能。そのほか、使用頻度の高いキーには、指先で判別できるキーキャップ2種類を交換用ツールといっしょに付属するなど、これでもかというくらいカスタマイズできちゃいます。USBポートが2つ搭載されているのも便利ですね。

こちらはお値段2万9800円です。

11123MCSTRIKE7-0211123MCSTRIKE7-0311123MCSTRIKE7-04

 

 

そしてもう1機種。「S.T.R.I.K.E. 5 Gaming Keyboard」です。

自分好みにレイアウトが変更できるハイエンドゲーミングキーボード 2

こちらは有機ELディスプレイを搭載。キーボードのレイアウトを自由に変更できるところ、バックライト色の変更などは1つ目のS.T.R.I.K.E. 7 Gaming Keyboardと一緒です。交換用キートップが付属しないのと、USBポート非搭載というところが違いますね。ただし、ヘッドセット用のアナログ音声出力端子が搭載されています。

こちらはお値段1万9800円です。

11123MCSTRIKE5-0211123MCSTRIKE5-03

対応するのはWindowsのみのようですが、これを机の上に置いておいたら、とってもサイバーな雰囲気で仕事できるかもしれません(ゲーム用なんですけどね)。

ニュースリリース(PDF)[マッドキャッツ]

(三浦一紀)