ツイッターの過去のつぶやきが全件取得可能に。CEOが年内実現を約束

121130twitter.jpg

過去のつぶやきは3200件までしか遡れませんが、「年内には全ログ取得可能にしてやるぜ!」とツイッターのディック・コストロ(Dick Costolo)CEOがミシガン大の講演で発表しました。

CEOは9月にもオンラインニュース協会主催カンファレンスで「年内実現してやるぜ!」と言及しニュースになっています。こうして改めて確約したのは、年内導入のデッドラインを堅持したまま「実現できそう」と判断してのことなのでしょうね。

まあ、ツイッターのエンジニアにはプレッシャーになりそうですけどね。なにしろ量が膨大ですから。ツイート数のこの3年の伸びを見てみますと...、

・2009年12月 月で10億件に
・2011年3月  週で10億件に
・2012年10月 4日で10億件に

つまり今は1日2億5000万件のペースで増え続けている(参考記事)! これを全件ダウンロード可能にするのはやっぱり骨の折れる作業なのです。本件に関し、ツイッターからはこれ以上の詳しい情報は出ていません。

なお3200件というのはAPIの制限のこと。古いツイートはウェブ上に全部残っていて、今でも個別のURL(ステータスID)があればアクセスできます。サードパーティーのログ保存サービスからもアクセスは可能(例:twilogtwtr2srcさんの方は今月9日サービス終了を発表しました...)。

「え、全ログ取得可能になるの? その前に削除したいアホなログが大量にある!」という方はTweetEraser使い方)とか黒歴史クリーナーなどを使えば大丈夫だと思いますよ。

TechCrunch

Leslie Horn(米版/satomi)