おおいに意味あり! 一気にバッテリーを消費させるAndroidアプリ「急速放電」

121114_houden_top.jpg

少しでもバッテリーを長持ちさせるために。

急速放電」はフラッシュライトやGPS機能を使って、バッテリーを指定した残量まで一気に消費させるアプリ。節電アプリの真逆ですよね。

バッテリー消費させてなにかいい事あるの? バカなの? と思われるかもしれませんが、実はこれ大いに意味がある、と言われています。

スマホなどのバッテリーに使われているリチウムイオンバッテリーは、満充電のままさらに充電し続けていると、中身が劣化して寿命が短くなっていくらしいのです。

普段は気をつけて充電が終わったところで止めればいいですが、どうしても挿しっぱなしにしてしまう時があります。それは寝ている時。この間はどうしても途中で充電を止めることはできませんよね。

そこで、寝る前に本アプリでしっかりバッテリーを使いきることで過充電の時間を減らし、少しでも劣化を防ぐ狙いです。

兄弟メディアのTABROIDでは、実際に使ってみた様子をレポートしています。詳しくは下記リンクから。

節電より、劣化させないことが大事よ。『急速放電』で寝る前にバッテリー使い切ろう【動画あり】[TABROID]

(ギズモード編集部)