Windows 8に衝撃。タイル表示「ライブ・タイル」をめぐり訴訟へ

Windows 8に衝撃。タイル表示「ライブ・タイル」をめぐり訴訟へ 1

10月末にWindows 8をローンチしたばかりのマイクロソフトですが、なんとサーフキャスト(SurfCast)というOS開発会社から「Windows 8のライブ・タイルが特許を侵害している」として訴訟を起こされてしまいました。

同社は、ライブ・タイルと同じ技術をすでに権利所有していると主張。その名も「ディスプレイ端末で様々なソースからの情報を表示する」技術で、「複数の情報ソースから成るコンテンツをグリッド状のタイルに整理してまとめ、その各タイルが他のタイルとは独立してコンテンツを更新」できるというものです。

一方、マイクロソフトが取得したライブ・タイルの特許は「モバイル端末のタイル空間ユーザー・インターフェース」。このふたつの違いを理解するのは、ちょっぴり難しいですね。マイクロソフトの特許は、記事冒頭の画像。そしてサーフキャストの特許は以下のようになっています。

Windows 8に衝撃。タイル表示「ライブ・タイル」をめぐり訴訟へ 2

両社とも自分たちが使っている技術の特許を保持している状態。しかしサーフキャストは「マイクロソフトの特許には、それ以前の(タイミングで特許取得された)技術が含まれている」と主張しています。

Leslie Horn(Rumi/米版