Z会の電子通信教育、9500円のタブレットで始めよう!

Z会の電子通信教育、9500円のタブレットで始めよう! 1

デジタルネイティヴ世代の勉強法はこれで決まり!

僕が初めてコンピューターに触れたのは確か小学校の低学年。学校に2台あった学研の「まなぶくん」という学習コンピューターで、物珍しさから大人気。常に行列ができていたのを覚えています。あれから20年経ち、今や自宅にPCがあるのは当たり前小学生でも携帯電話を持っているなんて時代になりました。物心ついた時からPCに触れている「デジタルネイティヴ」が登場しはじめています。

そんな彼らに歩調を合わせ、教育も大きく変わってきています。通信教育大手のZ会ではタブレットで学ぶeラーニング「デジタルZ」を開始。6歳からの教育へ「英語」と「科学」の講座をスタートさせました。

Z会推奨のタブレットはパナソニックのものやASUSのもの。これらは割引もあるのですが、注目はわずか9500円で購入可能なcoviaのFlead Tab CTB-701。動画再生に適したCoretex-A8 1Ghzを搭載し、子供でも扱いやすいよう重さはわずか300g。もちろんデジタルZ以外の用途でも使用可能な立派なタブレットです。

文科省では教育の現場へPC導入を進めており、将来的にはデジタル教科書も当たり前になるとか。わずか9500円で試せるこのタブレットで、今後に向けて準備しておいてはいかがでしょうか?

Z会Covia

(KITAHAMA Shinya)