クリスマス満開! アメリカの自宅イルミネーショングッズ

クリスマス満開! アメリカの自宅イルミネーショングッズ 1

DIYのライティングから、豪華イルミネーション一式まで。

クリスマスが近づくと、素敵なお家をますます素敵にデコレーションするお家がちらほら見られますね。そんなクリスマスの自宅イルミネーション、アメリカの家々には節電の気配もなく、今年も気合いが入ってます。みなさんどんなグッズでお家を飾っているんでしょうか? 米Gizmodoのリゼフスキー(Liszewski)記者が紹介してくれました。

 

 

キャラクター編

・身長1.2mのカウントダウン・サンタクロース

クリスマス満開! アメリカの自宅イルミネーショングッズ 2

まずは可愛いところから。このサンタには時計が内蔵されていて、クリスマスまでの日数を最大99日前からLEDライトでカウントダウンしてくれます。これなら日本のマンションの玄関にも(物理的には)置けそうですが、ケーキ屋さんとかギフトの買えるお店向きかもしれません。300ドル(約2万5000円)です。

・5m超の巨大ライトアップ・サンタ

クリスマス満開! アメリカの自宅イルミネーショングッズ 3

こちらのサンタは、巨大です。体長5.1mのサンタを、電球数百個がライトアップしています。これがあれば、クリスマスシーズンにはサンタクロースが手を振って見送り・出迎えしてくれますね! でも5700ドル(約47万円)というお値段、あの手の一振りはいくらなんだろうか...と思わず考えてしまいそうです。

・体長6.1m! バルーン式スノーマン

クリスマス満開! アメリカの自宅イルミネーショングッズ 4

空気でふくらませるバルーン式のデコレーションには、手軽な分だけちょっと手抜き感もあります。でも、インパクトのあるホームデコが簡単にできるのは良いかも。このスノーマンは、付属の器具を使えば10分で所定の大きさになります。さらに内側からライトアップもできて、お家の周りをこうこうと照らすことができます...。お値段300ドル(約2万5000円)。

背景DIY編

・アウトドア用LEDスポットライト

クリスマス満開! アメリカの自宅イルミネーショングッズ 5

ライトアップ次第で全体の演出がだいぶ変わってきます。可愛らしい電飾もいいですが、スポットライトを使えばもっと印象的なライトアップができます。このスポットライトは、さらにワイヤレスリモコンで16色を切り替えることができます。ということは、クリスマスだけじゃなくバレンタインとかハロウィンとかで1年中使えますね! お値段は10個セットで206ドル(約1万7200円)。

・MP3ディレクター ShowTime

クリスマス満開! アメリカの自宅イルミネーショングッズ 6

ライトアップと音楽が連動するショーって、大きな商業施設とか公園では見かけますが、裏側にはこんな仕掛けがあったんです。数年前にホビイスト(hobbyist)たちが自前のハードウェアをデザインしていて、今はそれを簡単に自宅でも使えるキットが販売されてます。

このコントローラーはもっと大きなハードウェアシステムの一部なんですが、再生するときはコンピューターがなくても屋外でも使えるようにできています。音楽とそれに合わせたライトアップの設定を付属のソフトで作成して、SDカード経由でこのデバイスに読み込ませます。250ドル(約2万500円)。

・スノーマシン SNOPRO

クリスマス満開! アメリカの自宅イルミネーショングッズ 7

クリスマスには絶対雪がないとね! という方に。温かい地方に住んでいても、ホワイトクリスマスが約束されます。高圧洗浄機とエアコンプレッサーが内蔵されていて、普通のお庭なら8時間で15cm程度の雪を積もらせることが可能です。また、雪が出てくる方向も指定できるので、お隣の家に入らないようにすることもできます。800ドル(約6万5000円)。

これだけでOK! 豪華セット編

・アニマトロニクスなサンタクロースファミリー

自分でいろいろ揃えたりするのは面倒...という方には、こんなサンタクロースファミリーのアニマトロニクス一式も良さそうです。サンタクロースにミセスサンタ、エルフまでいて、一体ごとに違う動きをします。それだけに金額も3500ドル(約29万円)となかなか張るんですが、アニマトロニクス特有の怖さが...。これは、「道行く人に見て楽しんでもらう」ことより、庭での独自の世界観構築を追求する人向けかもしれません。

・サンタとトナカイの圧巻ライトショー

クリスマス満開! アメリカの自宅イルミネーショングッズ 8

とにかくお金がかかってもいいから、一個でパーっと完成しちゃうやつください! という方にはこちらです。スロープから飛び立ってパラシュートで降りてくるトナカイと、それを見守るサンタクロースが、5600個もの電球で描かれてます。幅約38m、高さ約11mもあるので、場合によっては地元の役所に確認が必要かもしれません。というか、幅38mもある家自体が少なそうです。重さだって1.2トンもあります。お値段は8万5800ドル(約702万円)と、トナカイのそりどころか高級車が買えそうな勢いです。

イルミネーショングッズって、置くだけのものから自分でいろんな工夫ができるもの、家自体より大きそうなものまで、本当にいろいろあるんですね! スノーマシンとか、クリスマスに関係なくほしいとか思ってしまいました。

Photo by Thinkstock/Getty Images.

miho(Andrew Liszewski 原文