1枚あればOK! 2013年春より交通系ICカードの相互利用ができるように

1枚あればOK! 2013年春より交通系ICカードの相互利用ができるように 1

もう旅行や出張の時でも、きっぷを買わずに済みます!

「Suica」や「PASMO」などの電車やバスで使える「ICカード乗車券」を一枚はお持ちかと思います。ところが関東から北海道や関西、九州などへ行ってみると、ICカード対応の改札であっても手持ちのカードが使えない!という場面に遭遇したことはないでしょうか。そして結局は、不慣れな土地の案内板を見つつきっぷを買うハメになることも...。

この事業者によってICカードが異なる問題、来年の春にはさよならできるようです。

TBSの報道によると、2013年3月23日から全国の鉄道系ICカード乗車券が相互利用できるようになるとのこと。相互利用できるようになるICカードは以下の10種類。

・Kitaca(JR北海道)

・PASMO(株式会社パスモ)

・Suica(JR東日本)

・manaca(名古屋市交通局)

・TOICA(JR東海)

・PiTaPa(株式会社スルッとKANSAI)

・ICOCA(JR西日本)

・はやかけん(福岡市交通局)

・nimoca(株式会社ニモカ)

・SUGOCA(JR九州)

今までにも「Suica」と「PASMO」といったように、一部の事業者では相互利用が行われていましたが、来年3月からは、この10種類にうち1枚を持っていれば各地域の電車やバスを利用できます。旅行や出張先でも、普段と同じICカードが使えるのはありがたい限り。

この相互利用、来年とは言わず早速明日からお願いしたいところですが...ひとまず春がきたら、旅行先で「おー!ホントに使える!」と楽しんでみることにします。

鉄道系ICカード乗車券、全国で相互利用へ[News i - TBSの動画ニュースサイト]

(ライフハッカー[日本版] 長谷川賢人/元記事を読む

【ライフハッカー[日本版]の関連記事】

出張前にチェック! 交通系電子マネーに詳しいサイト「E-MONEY JAPAN」

【旅行特集】路線別・「賢く」新幹線のきっぷを獲得する方法

荷物リストのリマインドが便利! 旅行のお供に『Travel List』