2012年の歴史に残るカメラ11機種はコレだ!

2012年の歴史に残るカメラ11機種はコレだ! 1

どれもこれもエポックメイキングなカメラですねー。

財団法人日本カメラ財団が主催する「歴史的カメラ審査委員会」が、2012年の歴史的カメラを発表しました。

歴史的カメラとは何でしょう? サイトによると

「技術史的に意義のある日本最初の試みがなされているもの」もしくは「市場において特に人気を博するなど、歴史的にみて意義のある」とみなしうる国産カメラを、中立的な立場にある専門家や学識経験者から構成される「歴史的カメラ審査委員会」によって、一年間に発売された新商品すべてを対象として審査・選定しています。

 なお、過去に選定した「歴史的カメラ」は一部を除き、そのほとんどを、日本カメラ財団が運営母体をつとめる本「日本カメラ博物館」に収蔵しています。

ふむふむ、なるほど。今年は11機種が選ばれたようです。機種一覧は以下の通り。

富士フイルム X-Pro1

ニコン D4

ペンタックス K-01

ニコン D800

オリンパス OM-D E-M5

ニコン D800E

キヤノン EOS-1D X

ニコン クールピクス S800c

ソニー α99

ソニー サイバーショット DSC-RX1

キヤノン EOS 6D

確かに、どれもこれもカメラの歴史において重要なカメラばかりですね。できれば、全機種欲しいくらいです。

デジタル一眼レフとミラーレス一眼がメインで、コンデジは2機種。このコンデジ2機種は、ちょっと尖った製品なので、選ばれたのも納得です。

しかし、フィルムカメラが1台も選ばれていませんね。時代は確実に動いているんだなーと実感。

さて、来年はどんなデジカメが登場しますかね。

JCII日本カメラ財団が2012年の「歴史的カメラ」11機種を選定[日本カメラ博物館]

(三浦一紀)