「12月21日に世界は終わりません」米政府が公式ブログで否定

「12月21日に世界は終わりません」米政府が公式ブログで否定 1

そう言えばもうすぐですね...。

「世界は2012年12月21日に終わる」という世紀末論の横行を受け、アメリカ政府が公式ブログ(USA.gov blog)で風評を否定する異例の措置を取りました。

政府はこう書いてます。

問題の風評には「マヤ暦が2012年で終わる」(終わらない)、「彗星で壊滅的打撃を受ける」(絶対ない)、「目に見えない惑星がいつのまにか接近して地球と衝突する」(ないない)、その他諸々のパターンがあります。

政府が公式に否定するまでもなく、NASAの方でも既に「地球はブラックホールに飲み込まれて終わりません」と去年ビシッと発表してます地球滅亡論の否定を成り行き上ライフワークにしちゃってる研究者もいましたよね。

人類学研究の分野でも、現存する最古のマヤ文明の壁画から専門家が問題のマヤ暦の文字を解読してみたら、な~んとマヤ暦は終わるどころか、2012年12月を起点に異様に長い長期暦「バクトゥン(baktun)」の新しいサイクルが始まることもわかってます。

 

 

これを発見したボストン大学のマヤ研究家ウィリアム・サターノ(William Saturno)氏は科学誌「Science」でこう述べてますよ。

「マヤ暦はこれからもビリオン(十億)年、トリリオン(兆)年、オクシリオン(10の27乗)年も続くから心配いらない」

まあ、世紀末論信じる人は科学も信じないし、ましてや政府の言うことなんて。政府が「安心しろ」と言えばそれは「終わりが近い」証拠...余計に信ぴょう性が増しちゃうって気もしますけどね。

USA.gov

Mario Aguilar、Sam Biddle(原文1原文2/satomi)