【グーグルCEOインタビュー】アップルとの関係は? Google+は? そして検索の未来とは?

【グーグルCEOインタビュー】アップルとの関係は? Google+は? そして検索の未来とは? 1

先日、アップルCEOティム・クック(Tim Cook)氏のインタビューもありましたね。

ネタ元のCNN Moneyがグーグルのラリー・ペイジ(Larry Page)CEOにインタビューを行なっています。インタビューに答えるのは珍しいペイジCEOだけにこれは貴重! 要点をしぼってみてみましょう。

アップルとの関係について

「みんなが仲良くやれて、ユーザーが他人の動向に捕われることがなくなれば素晴らしいと思う。そのためのチャレンジをしている。我々のプロダクトを出来る限り広く提供するためにとても努力している。それが我々の哲学だ。ただ時にはそれを許され、時には許されないこともある。」

Google+について

「我々が求められているのは、素晴らしいプロダクトを作ること、そして長期にわたりそれを行なうこと。ユーザーが検索するかもしれないワードを我々は理解しなかえればならない。そこで、『人』は検索される実に大きな対象だ。ユーザーの求める情報に見合ったものを提供するなら、そのモノを理解する、深く理解することは重要で、人はその1つのコンポネントだと思う。」

ユーザーとマネタイズについて

「端末が位置情報を持っているというのは、マネタイズに非常に大きな意味を持っている。多くの物を付加的要素と見ることで、モバイルで今まできなかったことが出来るようになる。そうすることで、お金を生み出すことができる。広告とマネタイズだけに注力していてはユーザーから選ばれない。前に進むために、我々は必要と思われるたくさんパーツを持っているのだ。」

検索の未来について

完璧な検索エンジンとは、ユーザーのニーズを理解しているものだ。検索されるワード全てを深く理解し、必要とされているものをユーザーに完璧に返す。ユーザーのニーズに応えるためには、我々はより正確に、より詳細に、そしてより広いデータが必要になる。ITA(航空便検索サービス)を買収したのもこのためだ。これで、より広い旅行情報が提供できるようになる。」

検索されるかもしれない全てのワードをより深く理解するために、検索の道はまだまだ続きます。

CNN Money

そうこ(Jamie Condliffe 米版