北朝鮮ミサイル発射の映像公開、米Gizmodo読者はどう見た?(動画)

本物なの? なんでこんな静かなの? と。

12月12日、北朝鮮がロケットを打ち上げ、「衛星」をなんとか(多少問題はありそうですが)軌道に乗せました。そのときの北朝鮮管制室の様子として、北朝鮮の放送局が放映したのが上の動画です。

ロケット発射に成功したということは、北朝鮮が日本やアメリカを攻撃するロケット技術を着々とマスターしつつあるということです。

これについて、アメリカにいる人たちはどう受け止めているのでしょう? 米Gizmodoのコメント欄を見てみました。

・これ合成だと思った人他にもいる?

・僕も思った。煙とか火炎とか、難しいエフェクトが必要な部分が出てこない。最初の部分がなくて、離陸するところからだし。...

・正直ジョークじゃないかと。管制室なんか、NINTENDO64のゴールデンアイ 007に出てくるやつに酷似している。

・管制センターは486マシンを使ってるから、画像が遅いんだよ。

・なんかすごく静かだね。アメリカでは打ち上げ成功すると、必ず歓声とか笑顔があるんだけど。北朝鮮って本当にハッピーな人がいないんだね。

・僕は、祝福するかどうかを確認したくて動画を見た。でも彼らは喜ばなかった。技術的に大きな進歩のはずなのに、それをみんなで称えあったりしない。興味深いね。

・ロケットが失敗したらその家族は殺されるんだ。僕だってそれじゃ喜べない。

・北朝鮮の宇宙関係の人は博士号持ちの科学者じゃなくて、軍人なんだよ。

・ISSにタレット(砲塔)を付けて、この手の物体が問題起こす前に撃ち落としたほうがいい

・軌道上に乗ってるものを撃つってのはかなりまずいよ。

・フラットパネルのモニタを使ってることに驚いた。CRTにサイドカー付きのPCjrだろうと思ってた!

・金正恩がユニコーンで乗り込んで打ち上げ開始させたと思ったんだけど。

など、日本に比べて他人事なせいか、遠慮がありません。でも、得体の知れない国に対する怖さとか、中の人は何を思っているのか...という不思議さは、日本人の思いと共通していますね。

Twitter

Kyle Wagner(原文/miho)