Google2段階認証を設定した後、iPhoneでGmailを受信できなくなった場合の対処法

121226google.jpg

前回ギズモードではGoogleの2段階認証プロセスの設定方法について取り上げました。セキュリティ強化のために実際にこのプロセスを設定してみた、という人も多いと思います。私も実際に設定したのですが、その直後にiPhoneでGmailを受信できなくなってしまいました。Googleのヘルプ動画を見ると、まだ2段階プロセスに対応していないアプリ(例:iPhoneのGmailやOutlookなどのメーラー)があるようで、これらのアプリで2段階認証プロセスを有効にするには、別途固有のパスワード設定が必要になります。

というわけで、ここではiPhoneのGmailをはじめ、2段階認証プロセス未対応のアプリでの設定方法を説明します。

  

1.「アプリケーション固有のパスワードの管理」を選ぶ

1212262process1.jpg

Google2段階認証の設定画面から、「アプリケーション固有のパスワードの管理」を選びます。ページの中ほどにあるリンクをクリックしてください。

2.新しいアプリケーション固有のパスワードを生成する

1212262process2.jpg

生成するパスワードの名前を付けます。名前は自分の好きなものでOKです。

3.固有のパスワードが生成される

1212262process3.jpg

画面中央にパスワードが表示されますので、ドラッグしてコピーしておきましょう。

4.そのパスワードを、iPhoneのGmailアカウント設定画面へ入力する

1212262process4.jpg

あとは、「iPhoneの設定>メール/連絡先/カレンダー」から、パスワード入力画面に進みます。パスワードの欄に、上でコピーしたものを入力します。

これで2段階認証した後でも、iPhoneでGmailを受信できるようになります。「iPhoneでGmailを受信できなくなった...」という人は、上の方法を試してみてください。

YouTube

(安齋慎平)